スポナビライブとDAZNに入会したら、スポーツやアイドルのライブ中継の構造が根底から変わりそうな予感がした。

標準

深夜にプレミアリーグの試合が始まってどうしようもなく観たくなり
DAZNとスポナビライブに入会しました。

タイトル通りの根底を覆すようなシステム改革の前夜の雰囲気を
感じた部分を羅列します。

まずトップメニューはゲームが行われた時間と
ライブ配信中、見逃し配信中というタグで
動画が羅列されます。

あらゆるキーワードで検索も可能です。

ちなみにサッカーについてはカップ戦がやっと
観れるようになりました。
スポナビは相撲も観れます。

見逃し配信はゲームが行われた時間から
1か月サーバーで公開されています。
(今調べたら内容によりこの期間は異なるようです。)

ここまでで、もうスカパーとは明らかに構造が
異なっていることがわかりますよね。

視聴について、

前記はユーザー側にゆだねられているのに対し、
スカパーは編成の指示に従わないといけないのです。
編成次第。

視聴環境についても、前記は端末とインターネット環境
があればどこでも視聴可能ですが、
スカパーはチューナーが設置してある場所です。

使用料についても、スカパーはチューナーレンタル代、
基本使用料が必要ですが前記は必要ありません。
そしてスカパーは配信会社が数社にまたがると
それぞれ視聴料が加算されますが、
前記は必要ありません。完全に固定料金です。

そしてスカパーは割引システムはないですが、
前記はいろいろな割引システムがあり、
私はyahooプレミアムなのでスポナビは980円
になります。

これですね、このままスカパーの契約者が減り続けると
スカパーでライブ配信しているアイドルの生中継
なんかもこの波に飲み込まれていく気がしています。

現時点ではAKBGはDMMですが高いですし、
スタダは自前のシステムを構築中で、
ハロプロも同じですから、

現時点では制作と配信が同じ会社ですが、
これからは制作会社が作ったコンテンツを
配信会社に切り売りしていく構造に変わっていく
気がします。

様々なアイドルのライブを2000円程度で
好きな時好きな時間に観れる時代が来ると
いいですね。

広告

コメントは受け付けていません。