2017.03.03 ryzenの深夜販売は代理店が値段を高く設定してよだれをダラダラ垂れ流し始めたので餌になるのは避けたいからスルーの方向でw

標準

CPUの価格はまあ適正なんですが、
このAMDに流れている空気を利用して
あぶく銭を稼ぎたい目が血走った輩のせいで
マザーボードの価格がメーカーの希望価格
よりかなり高額に設定してあることが判明
したので、SATAの本数が8本以上のものは
3万円越えとなってしまいました。

私は現在1本のSSDと6本のHDDを搭載していて
空きが1TB程度しかないので
8本は最低でも欲しいところなんですよね。

3月3日に店頭購入可能なSocet AM4対応マザーボード

10 ASRock「X370 Taichi」 約31,800円 190ドル(25000円)
10 ASRock「Fatal1ty X370 Professional Gaming」 約36,700円 239ドル(32000円)
08 ASUS「ROG CROSSHAIR VI HERO」 約37,500円 254ドル(32435円)
08 GIGABYTE「GA-AX370-GAMING 5」 27000円 194ドル(25574円)

06 ASRock「Fatal1ty X370 Gaming K4」 約19,500円
06 ASUS「PRIME B350M-A」 約11,600円
06 GIGABYTE「GA-AB350M-Gaming 3」 未定
06 MSI「X370 XPOWER GAMING TITANIUM」 約42,000円
04 MSI「B350 TOMAHAWK」 約14,500円

米amazonの場合約30ドルを配送料で追加してます。

高価な重たいものは40ドルですね。

こうなると、ASRockがコスパ良いですね。

輸入しても25000円程度ですけどまあこれは通常通りだと思います。
ただそれは日本の代理店の価格で実現して欲しかったところですよね。
25000円程度から始まって数か月後に20000円程度に落ち着くのが
通常の流れですからね。

まあ2ちゃんとかの話ではセット販売になれば
落ち着くということなんですが現況は
こういう感じです。

まあやはりセット販売で22000円程度にならないとすぐ値下がりしたら
ばかみたいですしね。

ちょっと待ちです。

広告

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。