nanoRider@新宿MARZ公演の追加チケットを華麗にスルーした理由、、

標準

5分で300枚が即日完売した翌日、、

日曜日にマッドマガジンのnanoRider担当から追加チケットを
発行したとの連絡が来ました。

しかし、300枚は既に発売済みなので、当然
キャパ以上の発行なのは暗黙の了解で、
それを裏付けることとしてそれを指摘してリプライを
返しましたがスルーされました。

で、私は既に自分で整理がついて落ち着いているので、
整理がつかずまだ興奮状態な場合は即購入すると思う
んですが、そうでないのでやな思い出が記憶から
蘇り、躊躇してやめました。

真っ先に思い出したのは、、

以前千葉にあるキャパ200人のLIVE HOUSE ANGAという場所で
でんぱ組のライブを観戦したときのこと、
最後方で壁と私の間は物販のテーブルのみという環境でした。

で前方に長髪の男性がいて、ジャンプするとそのもじゃもじゃが
視線を遮ってでんぱ組どころではないっていう状況で、

あとは後方のテーブルが絶えずぶつかってきて、物販の
スタッフがいるのでそれに気を遣うので疲れるし、

肝心のでんぱ組は顔も確認できないというありさま。

私はでんぱ組が初めてだったので特に振りコピとかせずに
突っ立ってサイリウムを持っているだけの状態なのにその
最低限の状態も維持することが不可能で
全く楽しめませんでした。

余談で武道館は最前でその記憶を取り戻す経験をしたんですが、

代々木でまた最後方のスタンディングエリアで豆粒置き去り
アンコールばらばらっていう最悪な経験をしたことで、
結局、それっきりでんぱ組の現場は信用できなくなって
行かなくなりました。

ちなみに身長は180くらいです。

あとは、最近だとももクリの2015でしたかね。
最後方にオールスタンディングエリアを設けたってことで
購入したら、明らかにキャパ以上のすし詰め状態で、
身動き取れないわ、みんなぴりついてるわ、豆粒も
見えないわってことで、最悪なトラウマとして
記憶に残ってしまう体験をしたことが走馬灯のように
脳内に蘇ってきました。

てことで、アイドルの現場のチケット追加発行は
良いことが一つもないってことで、

これを買って悪い思い出として永遠に記憶に残すくらい
なら、スルーしてこれまでの最高な記憶のまま
nanoRiderとnanoCUNEを額面通りに伝えていきたい
と思ったので購入をやめました。

しかしスタッフもこんなことやっても誰も得しなのに
なぜやるんでしょうか。

このまま300人で開催すれば行けなかった人は
最後は即日完売だったってことで記憶に残るけど、
むりやりキャパオーバーで入れて開催しても、
最後方の人が私みたいに最悪なライブになり、
他の人も圧縮が発生して、
嫌な思いの記憶が残ってスタッフもメンバーも
客も誰も得しないのに。。

広告

コメントは受け付けていません。