PCのHDDが壊れたので豆知識をいくつか。

標準

最近、WDの2TBのHDDが巡回冗長検査(CRC)エラーというアラートが出ていくつかの
ファイルが読み込めなくなりました。

調べたら、HDDにはセクタという書き込み単位があるのですが、
そのいくつかが破損してしまったみたいですね。

まずcrystaldiscinfoという定番のアプリを使って
情報を調べます。

電源オンの回数、駆動時間、エラー発生回数等チェックします。

考えたらこのHDDはもう5年程度経っているのでまあ老朽化
していたともいえると思います。

エラーセクタは幸い7か所程度で収まっているようなので
このままエラーが増えないうちに保護しようと予備の新品HDD
に移動作業に入りました。

移動だとファイルの日付が残るので、写真は特に時間の情報が
重要なので移動にこだわりました。

クローンコピーも考えましたが、作業開始して所要時間を見ていたら
最初6時間だったのが次第に増えてエラーの場所になると
異常に遅くなるので、これは無理だと思いあきらめました。

順調に作業が進みます。

エラーで読み込めないファイルはアラートが出て移動は
キャンセルされます。

エラーのあるファイルが動画の場合、
動くんですが、ある個所になるとフリーズします。

一応そのアラートで表示されるファイルの情報をキャプして
画像で残しておくことにしました。

2TBのHDDいっぱいに入ったデータの移動はだいたい
4時間から6時間程度かかりましたかね。
ネット情報では1日かかるとかあったんでこわかったんですが、
以外にはやかったです。

ちなみにUSB3のKURODACHIにコピー先、
SATA3のPCにコピー元という環境でした。

作業後に残ったエラーファイルの扱いについて。

何回移動しようとしてもエラーで無理だったので、

HDDからリカバリーするアプリ、私が使用したのは
EaseUS Todo Backupというものですが、
で保護しようと思って作業したんですが、
クイックモードではリストに表示されず、
仕方なくフルモードでやろうとしましたが、
何時間もかかる感じで、またもう自分の
精神状態が疲れていたのもあってw
削除しちゃって楽になろうっていう方を
選んで、作業終了となりました。

一番面白かったのは最後の部分です。

最初はこのデータ絶対保護したいと思って
いるんですが、作業をしているうちに疲れて
きてどうでもよくなってしまうっていうのは
考えてもみませんでしたねw

まあデータは動画だったんであとでどうにでも
なりそうってのもあったんですけどね。

これがパスワードとか機密ファイルとかだったら
やるかもしれませんけどね。

ちなみに、

最近PCの動きが遅くなって、HDDのファイルを表示させる
ときや、動画を動かすときもかくついたりする場面が
多くなり、立ち上げやシャットダウン時も時間がかかるようになって
いたので、セクタを読み込めないというエラーが出たとき、
最初はメモリのエラーなのかと思っていたんですが、
蓋を開けてみればHDDの故障だったっていうオチでした。。

1台のHDDを入れ替えたら全て改善されました。

HDDは安いものではないので、なるべく使用できるうちは
使用したいと思うのが世の常だと思います。
ただこうして故障するときは必ずやってきますので、
本当に重要なものはネットのストレージサービスや
ディスクにバックアップしておくほうがいいですね。

広告

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。