2016.12.16恵比寿マスカッツVS仮面女子 喧嘩上等ライブ マスカッツの内容がAKB48紅白対抗となんら変わらない内容だったことに感動した。

標準

仮面女子は期待していたんですが、
パフォーマンス中サイドステップで繋ぐ時間が多すぎで
どれも同じに見えて退屈でした。。

ヘッドバンキングと煽りとサイドステップの
繰り返しのダンスと、
パンクの構成を流用してサビを何回もリピートして
盛り上げていく楽曲。

全て同じに聴こえました。

これコレオグラファーとか演出家とか
楽曲にもっと驚きというポイントを重視
して過去をゼロにするくらいの考え方で
やりなおした方がいいような気がしました。

なんでもできるような地下という
パフォーマンスする側としては最強の環境にいる
にもかかわらず、

少し古めの楽曲で安定感が出ちゃってるので
なんかこれヤバいんじゃないかって気がしました。
これ以上爆発することはないんじゃないかって。。

地下で平均的な中途半端な人気で安定しちゃまずいでしょうっていう。

あと顔が見えないので口パク感がやばくて
CDを聴かされているような雰囲気におとしいれられて、
それも最悪だと思いました。

マスカッツは、最近まじめに、ファンの間で
所詮初代マスカッツを超えられないと言われている
ことをマッコイさんが真面目に取り上げて、
真面目にメンバー全員に戒めることで、
今回のクオリティとパワーと360度から攻めるような
カラフルな楽曲ジャンルという、
初代を超える勢いを感じることのできた
内容を習得できたんじゃないかと思いました。

特に最後の合唱はホントに素晴らしくて、
中心でハモリを担当していた三田さんがアイデア出しと
指導をしたぽかったですが、
その三田さんと横のできるサブリーダー川上さんが
5のものを10以上に上げる役割を見事に果たしていて、
三田さんは当然ですが川上さんのRIOを彷彿
させる頭の良さも感じさせてくれて
素晴らしかったですね。

最後にまとめると

インパクトがなによりも大事な地下の仮面女子が、
地上のマスカッツより安定しちゃってるのはまずいです。

マスカッツはこれをきっかけにこのまま一皮むけてより成長を加速
させていくことと思いますが、

仮面女子はこのままではヤバいのでもっと
いろいろスタッフ側が本格的に試行錯誤
して斬新なアイデア出しをして
刷新していって、SSAなんかで喜んでないで
ももクロ、AKB、でんぱ、ハロプロ、
その枠に入れるくらいに気合い入れて
メンバースタッフ一丸になって
死ぬ気でがんばって私を驚かせる
組織に成長して欲しいと思います。

仮面女子、こんなもんかよ。

パフォーマンスを観て感じたんですが、
もう地下に麻痺して怒ることも忘れちゃったんですかね。

もっと魂を吐き出して世の中をかき回してくれよ。

って感じで終わります。

広告

コメントは受け付けていません。