2016.11.20指原莉乃ディナーショー。企画も内容も読み通りでしたが、スルーが勝ち組でしたね。[追記あり]

標準

予想記事1

2016年10月27日
指原莉乃ディナーショー、イベントタイトルと価格とエントリー方法が発表されましたので内容とコスパを再考してみる。

予想記事2

2016年10月27日
指原莉乃ディナーショー34500円に違和感を感じたコアヲタが分析した指原莉乃の真の役割と、自覚するべき求められるポジションについて。

まず、ディナーショーという企画自体が、

昔からFC向けバスツアーやディナーショーが
盛んに行われているハロヲタの発想だということと、

チケットの発売状況についても

私の熱いリクでHKTmobile最優先で発売開始したものの34500円という法外な値段を見た数万人規模の指原ヲタがスルー連発した結果エントリーが少なすぎて開始2日目で全グループFC向けに発売解禁してしまう事態になりましたからね。

で、高くても10000円を予想していたので買う気満々だったのに鼻で笑うような価格をぶっこまれて奈落の底に突き落とされましたが、表は核戦争で廃墟と化し人類は全滅したものの、奈落の底には地下シェルターが配備されていて助かったっていうねwまるでfalloutの世界でした

このポスターについても、

%e6%8c%87%e5%8e%9f%e8%8e%89%e4%b9%83%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc

(これ黒髪の方が大人っぽくていいのに。なんで20代で反抗期迎えてんだよwわけわからん)

ハロヲタ視点から直感的に感じたのは、道重モーニング娘14のアルバム「14章」のさゆの
ポーズと同じだということで本物のハロヲタだなって感じたのと、

%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%a8%98%e3%80%821414%e7%ab%a0

あと後藤さんが出演というのも、

私がディナーショー開催発表時に脳内再生
した通り(一応ザキヤマさんか後藤さんと書きました。
ザキヤマさんのほうがAKBイベントの出演歴があるので、ギャラ交渉とか
スムーズだと思っていたんですが、今後各地でツアー計画化する様子
なので、そうすると多分この枠は毎回ランダムで決まると思うので、
今後はザキヤマさんとかジュニアさんとかもあり得る気がします。)
でしたし、生バンドのイメージも私のイメージそのままでしたし、
フォーチュンクッキーで〆るのもイメージのまんまでしたねw

また、トーク部分については、

秋元さんが来そうだと言ったんですが、
ディナーショー自体が秋元さんの勧めだということで、
まあ現場より上のレベルで秋元さんとトークしていたってことで
やっぱりなって感じで納得しました。

ただ、指原氏が発案したのは、性格的にも34500円という高価な
ものではなく、もっと安いものだったという気がするんですが、
秋元さんのアイデアで、今後のAKBGメンバーのソロイベントの
多角化に向けた大切な試金石にするためにも、
本格的にばしっときめてやろうっていう感じで、
上層部主導で34500円という価格と内容に修正していったような
気がします。

生バンドについては映像の公式リリース日まではこの記事を
ご参照になってお楽しみください。

2016年10月27日

指原莉乃ディナーショーを仮想体験できる映像。

だいたいこんな雰囲気だったんじゃないかと思います。

ということで、結局、

・ベテラン芸人さんをゲストMCに
・生バンド(リリーさんは出なかった)
・イベント専用グッズの販売
・私が大嫌いな懐メロ歌謡曲オンパレードのセトリ
・イベントの料金34500円はほとんどが
会場利用料で利益はほとんどない

と、指原寄りハロ兼任AKBGヲタにとってはベタ中のベタな
内容だったっていうことで、予想していた通りだったので安心しました。

ちなみに、

私は楽曲にこだわるので、過去のベタなアイドル系の歌謡曲には
あまり興味がない為に行かなくて正解だったと思いました。

また、ももクロさんが今年5人ともソロイベントを開催したんですが、
5人全員とも音楽文化的な背景が薄い20代そこそこのアイドルの好きな
楽曲をメインにしたセトリのため、音楽的にはなにも感じなかったので、

音楽的な刺激が欲しい人には、アイドルのソロイベントは総じて、
うかつに手を出すととんでもなく損をするってことが、今回の指原氏の
場合にもきっちり当てはまってしまう結果になったので、
金額よりも内容をよく吟味しながら、チケットを購入検討
していきたいと思いました。

そういうことを元に判断すると、、

私の現時点でのベストなソロイベントとは、

6000円程度で、キャパは1000人程度、時間は90分程度で、
基本的に出演者が演出やセトリを決める、コンサートが3割、
企画が7割の時間設定のものですね。

好き嫌いなく全員が楽しめる企画系で来てよかったという安心感を与えて、
コンサート部分は3割なんでまあ許してください的な感じで好きなものを披露すると。
3割ならまあ我慢できますからね。

また、その3割のセトリについては全曲とは言わないまでも、
主催者のファンが主催者のみのイベントに来ているんですから、
今回の指原氏のように、主催者が所属しているAKBGではなく、
客が好きかどうかもわからない楽曲を勝手に有名だからと選曲して、
オーディションの課題曲だったとか、なにか自分の
特別な思い入れがあるものならまだしも、

大して思い入れもないのにお前ら聴いたことあるだろ的に
勝手に客が好きだと思い込んで歌いまくるということは
絶対やめてほしいとおもいますね。

失礼ですが、主催者の披露するなんの思い入れもない山口百恵を聴くくらいなら、
本人のトラックを直で聴いた方が何百倍もましです。

コメントは受け付けていません。