2016.11.20指原氏グランドプリンスホテル新高輪 飛天ディナーショーの概要を推察する。

標準

まずチケット販売方法について。

飛天の間は松田聖子さんのディナーショーで常用している箱です。

よって、内容以外は松田聖子さんの情報から容易に推察可能です。

これ、指原氏がチェックを忘れたのかは定かじゃないですが、
松田聖子さんのサイトによるとここのディナーショーのチケット
は主催が品川グランドプリンスになるので一般販売
しかないということ。

イベントのみのドラフト会議はFC経由だったんですが料理は
ホテル側の利権が関わるからホテル主催になるんじゃないかと思います。

%e6%9d%be%e7%94%b0%e8%81%96%e5%ad%90%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e6%96%b9%e6%b3%95

聖子さんもここ以外はほとんどFC優先販売なんだけど
ここだけ一般販売になっているのでマジなんだなって思いました。

それも宿泊プラン対象先行予約ってのがあって最悪。

なによりもファンを気遣う指原氏にとって、、これ最悪ですよ。

生誕イベントってFC会員のみでやらないと、盛り上がりに欠ける
んですよね。

AKBなんかはFC会員で、さらにそのメンバーを推している
人が優先なんで、すごくあったかい雰囲気になるんですよ。

ハロプロも生誕イベがありますが、FC会員のみに限定しているので
なにをうたっても、なにをやっても、
祝ってあげるという主な目的のもとで開催しているので盛り上がるんですが、
それを理解していない人が来ると、たんなる糞イベになる
可能性が大なんですよね。。

料理について

次に、料理が作り置きされていて冷たいことも注意。
ディナーの部分はあまり期待しないようにしましょう。

観覧環境について

私は第一回AKBグループドラフト会議で現場経験したのですが、
オルスタのライブハウスではなく全員着席が標準の
キャパが1000人です。

ドラフト会議の時、ちょうど真ん中で観たんですが、
顔が確認できなかったです。

決してホテルだから近いという考えはしないで下さいね。

幕張イベントホール程度の感じはあります。

今回のディナーショーですが、本当は

1.HKTmobileのさらに一押し設定を指原にしている人を最優先

にして、それで足りない場合は

2.他のAKBGのmobile会員で指原一押し設定にしている人。

3.気になるメンバー設定している人、

4.その次はAKBGと二本柱のメンバー

って順番に抽選していくのがベストなんですが、

一般販売のみとなると、これが全て取り払われるので、
指原氏を知らない人、指原という名前だけ知っている人、
テレビで観たことあるというひと、

という人も多く混ざってくるので、
指原氏が意味があると考えて構築したセトリや、
AKBGに関する思い出話、

それらを例えば指原氏が10のパワーで伝えようと
した場合、これをファンなら10は無理だとしても、
8程度で普通に伝わると思うんですが、、

下知識等に乏しいためにそれが1しか伝わらない人が
多く出てくるっていうことですよね。

でキャパが1000人ですから、

ファンのみだと10を1000人で10000の熱になります。
まあ悪くても8000程度。

これがピンチケが多くなってしまった場合は

最悪で1の1000人で1000、
良くて1の500人、8の500人で4500となってしまうっていう。

また本編の最中は

ファンのみだとリアクションやペンライトが客席の
集合体となって倍々効果で盛り上がると思いますが、

ピンチケが多く紛れ込むとペンライトやリアクションが
客席のごま塩状態で盛り上がるので、
繋がりを感じない状態なので同じ数でも半分以下の
パワーになるんじゃないかと思いますね。

内容について

HKTや単独のネット上での活動を観ていればわかりますが、
指原氏はオリジナル楽曲を創る方向性はほとんど考えてない
ので、たぶんカラオケ主体になります。

選曲は昔はハロプロ系が多かったんですが、
最近は飽きた感じで、
AKBGのマニアックなものや乃木坂系のシングル
を好んでやる傾向にあります。

ただ、ザ・ピ~スをやったとき、つんくさんから許可を得た
っていう経緯があるので、
やるきになれば許可を得られる下地はあると思いますが、
今回は後々販売される確率が高い有料イベントですので、
あれもこれもやりたいからやらせてという感じでは
許可は得られないんじゃないかと思います。
出来ても2,3曲でしょう。

またももクロさんのライブに単独で乱入した経緯があるので、
自分の力をあまり過信していなくて自分一人ではなく
他のゲストと一緒に驚かせるという発想があるので、
もしかしたらutageでもやったことない、
まさかこんな人がっていうハロプロのメンバーをゲストで呼ぶ
確率も高そうです。

例えば、亀井絵里さんや譜久村さん、小田さくらさんですね。

ちなみにスタダ系はまったくやりません。

あとアイドル以外では、自分でファン層が少しオジサン系っていう
のを理解していても、そんなの関係ないって自分の好きなものを
やりまくるっていうももクロのメンバーのようなことはせず、
そのファン層にあわせた楽曲を選んでやるっていう神経が細かい部分があることから、

そこらへんはヒット曲や坂崎つながりのフォークソング
主体に組み立てるももクロメンバーみたいに置いてけぼりに
ならない感じで楽しめるセトリにしてくれるんじゃないかと思います。

企画系について。

今回はHKTじゃなくて自分の生誕祭で、自分のファンが多い
ってことから、自分のファンなのに嫌いな可能性もある他の
ゲストを迎えて、数分なら良いけど長時間なにかをやるとかは
ないんじゃないかと思います。

あるとしたら、自分の歴史を年表にしてファンと共に
考察して思い出話を展開するっていうのが濃厚ですね。

そのなかでこのころこういう曲が、こういう人が大好き
だったとか、こういう曲に影響受けたとか、
この曲に苦労したとか、
そういう流れでパフォーマンスしていく感じも
ありそうな気がします。

AKBのある程度金をかけたイベントは、
ほとんどDVDで販売されるので待っていてもいいですが、
HKTのライブでやったピ~スやボウイの楽曲は収録された
ので、ほとんどのものは大丈夫だと思いますが、
万が一著作権の問題でカットされたりするのが不安な場合
は、現場のみでしょうね。

最後にこのイベントの意味について。

モーヲタはすぐこのイベントの開催を聞いて
ピンと来たと思います。

それは卒業ですね。

道重さんは2014年7月にバスツアーをやって、さらに
11月にFCのみのBDイベントをやって26日に卒業した。

この時、過去を振り返る形の演出で彩った。

もし内容がそういう内容だった場合は
考え始めているのかもしれませんね。