はまちゃんこと浜浦彩乃さんがハロプロの裏企画で大暴れしている件について。

標準

ハロプロは全員が参加するフェスがあり、
春はひなフェス、夏秋冬は英語表記にしている
んですが、

最初に私はひなフェスに行って、各グループが数十分
ってことであまり満足しなかったので、
それっきり現場に行くのはやめているんですが、
数回映像で経験していくうちに全貌が明らかになってきたことで
わかってきたことがありました。

コンサート自体は各グループ15分程度。
同じ内容を少しづつセトリを変えて
数日に分けて行うんですが、
その時最後に追加で再度出演するグループが
異なります。

最初はそんな内容だと思っていたんですが、
回を重ねて観ていると見所はそこではない
ということに気付いてきました。

一通り各グループが通常のライブをやった後、
メンバーがグループの縛りを解いていろんな組み合わせで
やりたい曲を選んで披露するシャッフルコーナーがあって
それが目玉企画だということ。

あとその各コーナーの繋ぎをするMCコーナーも
ももちを筆頭に高レベルな笑いをもっていく
内容だということ。

ここまでが本編の全てです。

しかし、そのシャッフル企画の組み合わせを決定する
抽選の模様を別の公式裏動画として公開しているという
ことがわかってきます。

それがこれです。

2013年はつんくが直接抽選会の司会者として面白おかしく実行していました。

(ちなみにここで岡井ちゃんが箱持ち係を任されたことを覚えておいてください。)

で、例の病気で本人が無理なので、つんくが考えた結果、、

2014年は研究生からこぶしに昇格したばかりの浜浦彩乃さんが
つんくの影武者として、ももクロに置き換えると
川上アキラと玉井詩織の関係ですかね、
影武者がその人を隠れ蓑としてやりたい放題やることに
なったんですが、そのはまちゃん大佐というキャラ設定が思いのほか
笑いが爆発してしまって大好評となってしまいます。

2014年は前後編ありますが、後編は各グループのコメントのみ
なので実質前編のみです。

2015年からユニット名決定のサポートも親切に行うつんくですが
最初はサブサブタイトルを決める企画でした。

なんかはまちゃんが役になり切ってしっかり仕事を
やりきっていて、全盛期のハロモニの石川さんを喚起させて
しまうくらい面白いです。

しかし、ももち先輩のより確実に笑いを発生させるための
下地作りの技術には感心するばかりですw

しかし、今回の演出がももち先輩のセンスにもヒットしてしまったから
なのか、来年からもももち先輩の技術が冴えわたっていきます。

そして2015年。

前年に引き続き、普通にはまちゃん大佐のよる抽選会があるのですが、

年を追うごとにユニットメンバー数が増員されていきます。

これネタの世代的にも完全につんくですねw
でもこんな本も書けちゃうんですねつんく。
ネタ切れ中で観客動員数がダダ滑りしている
秋元康より面白いじゃんw

そして2016年。

まさかの子分登場ですw
そして、前年に引き続き名前を決めるためのサポート企画
もつくられますが、毎年気持ちよくなっていくばかりの
つんくは、さらに放送作家としてもバージョンアップ
していくことになります。

マジで今の秋元康より面白いですつんくさん。

つんく+はまちゃんの今後が楽しみです。

コメントは受け付けていません。