バラエティを観て聴いて考え続けている視聴者(自分)は局員と同じ感覚が備わる事実に驚きました。

標準

FNS27時間テレビ2016が私をはじめ、大方の予想通り、
誰一人国民から期待されていなかった事実が数字で明白化してしまいました。

私の予想記事:
9割陳腐企画だが1割の要チェック企画。2016.07.23 FNS27時間テレビフェスティバル!

今日、yahooニュースで気になる記事を発見して、
私の考えるフジテレビの現在の状況を解りやすく解説
してくれているので、だれかと思いましたら、
元制作部の方で愛想付かして辞められた方でした。

元プロデューサーが指摘するフジテレビ凋落の原因
デイリー新潮 4月28日(木)17時45分配信
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/04281745/?all=1

私はフジテレビのバラエティではひょうきん族から、
人生の困難にあった時は助けられてきました。

そして世の中に漫才やコント、そして様々な演芸と言う世界が
あるということもひょうきん族から教わりました。

そんな私が考えている、現在命の恩人というべき存在のフジテレビのバラエティの人気が無くなってしまった
理由と言うべき内容と、
元現場スタッフの吉野さんの意見が同じで驚きました。

読んでいるとこの方が出版している本の宣伝も兼ねている感じも
してきたんですが、私は本のことは知らないしクリック課金もしてないし
買う気もないので(まあ同じ意見なのでw)ご安心ください。

以下amazonから抜粋しました。

著者について

よしの・よしたか。1962(昭和37)年広島県生まれ。筑紫女学園大学現代社会学部教授。86年フジテレビジョン入社、情報番組、ニュース番組のディレクターやプロデューサーのほか、社会部記者などを務める。2009年同社を退職し現職。早稲田大学卒、中央大学大学院修了(法学修士)。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉野/嘉高
1962(昭和37)年広島県生まれ。筑紫女学園大学現代社会学部教授。86年フジテレビジョン入社。情報番組、ニュース番組のディレクターやプロデューサーのほか、社会部記者などを務める。2009年同社を退職し現職。早稲田大学卒、中央大学大学院修了(法学修士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

私はこの方はほんとはフジテレビを愛しているので一緒に再建したかった
んだけど、あまりにも腐りきってしまっているのでやむなく退社した
んじゃないかと思いましたね。
この文面から愛情がひしひしと伝わってきますからね。

あと最初吉野と聞いて秋元康のSOLDOUT軍団の吉野さんかと思いましたw

私にとっての吉野はたぶん死ぬまでSOLDOUTの吉野さんでしょうねw

私は本を読んでおりませんので本についてはわかりませんが、
このインタビューの内容についてはまったく同感だと思いました。

リンク切れ対策でpdfを残しておきます。

元プロデューサーが指摘するフジテレビ凋落の原因

広告

コメントは受け付けていません。