今更ですが、2016.04.28HKT48劇場リニューアルOPEN特別公演で夢みたいなことがあったんですね。。そしてHKTと指原氏の未来について。

標準

HKT48
劇場移転・リニューアルOPEN特別公演

2016.4.28

01 HKT48
02 ロックだよ
03 スキップ
04 メロン

05 ガラス
06 てもでも
07 MARIA
08 生意気
09 鏡

10 夢見るチームKIV
11 王者
12 バタフライ

13 大人列車
14 12秒
15 しぇ
16 控えめ
17 食べた
18 Chain of love

19 未来の扉

1 HKT城

2 74億

3 引っ越し

約90分

HKTの未来の扉が選抜公演で何年振りかに披露されていたんですね。。

HKTはまだ未来の扉を捨ててはいなかったんですね。。

ラストの曲が引っ越しなんで、たぶん新規開場が公演のテーマである
ので、テーマに合わせてたぶんはるっぴかさくらたんが
持ってきたのかも知れません。

今回をきっかけにこれからライブで復活させていって欲しいなあ。って
雲をもつかむ思いで願っております。

ただ、、

1-12が工夫されていて、メンバーのファンに対する熱い気持ち
が感じられて素晴らしいのに、

その前の13-17のような馴れ合いのHKTの定番である軽薄歌謡曲の
の連打が大嫌いなので、いまだにこういう
古臭い後半は一気に盛り上げてバラードで終了
みたいな流れをやっているのをみると、
行きたくなくなりますね。。

このバラード前の後半早めの明るい曲で盛り上げる作業中
、私は冷静にまあHKTでもAKBでもあるんですが、
え~~~~こんな感じで終わっちゃうのかよ。。
って寂しくなるんですよね。。
時間が勿体なくて思わず冷静になっちゃうっていう。。

九州ツアーのような、後発のHKTだからこそ革命を起こす
という気概を見せてくれるようになったら行くかもしれませんが、
今のままだと行く気がしないですね。。

ここら辺、、良く練られている、
AKBの基本精神、AKBの全てが詰め込まれている、
会いたかった公演の構成をよく勉強して欲しいと思います。
決して後半だからって一気に乱暴に終わらせるような構成には
なっていません。
バランスよくたった90分の間に泣いたり笑ったりして楽しめるように
構成されていますからね。

ちなみに、、
ガラスのI Love You
も未来の扉の太田美知彦氏の名作です。
似ているので楽曲に敏感な方は気付くかと思います。

でもHKTは年齢を重ねてもこういう純粋な綺麗な曲が
自然に演じられる不思議な人たちですよね。。
今回この公演観ていてそう思いました。。

なんか指原氏は一人黒いイメージを自分にマイナスとして持っているのに対し、
他のメンバーは綺麗なイメージだから、
指原氏が自分を基準にして純粋すぎて合わないとセトリに組まない曲でも、
指原氏が抜けるとまったく別のチームになる為に、その未来の扉を基本にした
純粋な綺麗な曲たちが自然に演じられるグループになることに
気付いていないんだと思います。

今の、自己満足演出をファンに叩かれて、マイナス面ばかり気にして
自我を貫く気概を無くした指原なんかいないのと同じだから、
だったらとっとと引退して、綺麗なHKTとして生まれ変わらせてやって欲しいですね。

で、、ここからが重要です。

引退してだれにも文句言われない状態に初期化して、
東京に戻ってきて単独ライブをやってくれ!

単独だったらめちゃくちゃやっても誰も文句言わないし、
もともと変態が多い指原ヲタだから大歓迎される
んじゃないかと思うんですよね。

そして引退と引き換えにちょりと谷をHKTに戻して
やってくれ。

そうすれば九州も東京も両方とも喜んで
いい感じだと思いますけどね。

広告

コメントは受け付けていません。