なぜももクロより私立恵比寿中学やたこやきレインボーの楽曲クオリティが劣ってしまうのか。

標準

私、今日まで以下のように考えていました。

エビ中はサブカル校長こと藤井校長が楽曲担当で、
たこ虹もしゃちも同じようにマネージャーリーダー
が担当しているもんだと。

しかし、期待していた穴空といい、ナナイロダンスといい、
どう無理やり好きになろうとしてサポートモードで聴いても、
やはりももクロよりクオリティが一つも二つも落ちてしまっている
から、無理やり聴くことを私の脳みそが許してくれない。

でこのももクロより数段落ちた作品しか生み出せないという
雰囲気は、たまにクオリティが高いものが
生まれる場合もあるが、デビュー当時からおおよそ同じような
雰囲気でここまで継続されてしまってきている。

なぜなのか。

ももクロはCDのブックレットを参照すればわかるが、
マネージャーは一切かかわっておらず、
楽曲はキングの宮本氏、映像は現場は佐々木氏で、まとめあげる
のは宮本氏です。

ということは、

エビ中はソニーの社員、
たこ虹はavexの社員
が担当している訳ですよ。

ということは、

結局このプロデューサーの能力やセンスを表現した
ものが作品なわけですよ。

最近やっとエビ中の作詞プロジェクト
とかが動き出し始めましたが、
結局そんなレベルなので、まだ駆け出しで、
なにも出来ない段階だからなおさらです。

そうすると、、

宮本氏の濃すぎるバックグラウンドや
高すぎる要求レベルと、それを信じて
任せるスタダのももクロチームと、
それに必死に付いていくももクロさん達
だからこそ、

数々の化けもの作品を誕生させてしまったっ
ていうことなんだと思うんですよね。

全てアーチストに起因する理由じゃない。

作品のクオリティはプロデューサーに起因するものだということです。

だから、結局この担当者が変わらない限り、
ももクロさん以外のグループの
この一枚も二枚もレベルが落ちるような
作品作りの傾向ってのは終わらない訳です。

1人に任せるとマンネリ化が怖いですが、
複数に任せると格差ができる。

ここで考えるんです。

そうすると、つんくさんてよくやってるなって。。
がんばってるなって思う訳です。

作者が一定の刺さるセンスっていうかクオリティ
っていうのを体内に持っていて、
楽曲作成時にその刺さるセンスを感じる作品だけ
リリースしていけば、そのセンスに共感する人は
良い作品だと感じるわけです。

でも3人違う人に任せると3人とも同じ刺さる、
これならリリースできるというセンスが異なってくる
ので、3組とも深くまで刺さるというのは
不可能になるわけです。

だから私がエビ中もたこ虹もしゃちもメンバーは大好き
ですが、作品にははまらないっていう理由っていうのは
そういうことなんだと思いますね。

全員キングに所属して宮本さんがプロデュース
すれば逆に全てにはまると思います。

AKBはプロデューサーの秋元康が作詞家で、
曲の知識は全くをもってミーハーなのでw
どうしても曲のクオリティは滅茶苦茶になってしまう
ので、いいものと悪いものの差が激しく
なってしまうんですよね。

というわけで、

エビ中とたこ虹やしゃちのプロデューサーに
もっと芸術に造詣が深い宮本さんやつんくさん
レベルの人を使ってほしい、、、
そんなことを深く感じたひと時でした。

広告

コメントは受け付けていません。