2016.04.02 ゴッドタン予告を観て、メディア関係者が矢口の本当のヤバさと矢口に対する優しさを知らないことが確定して悲しくなった。

標準

これで、矢口自宅不倫セックス事件以来、
藤井健太郎、佐久間宜行、加地倫三プロデューサーが
矢口を一通り再雇用した。

私はこの件で出演者は一切関わっていないことを
宣言したい。

それは有吉さんは常日頃許していないと
ラジオや番組で、まあバラエティ番組だから
真剣に言っても自分は雇用される側だから
関係ないし、笑いながらですけど、宣言しているからだ。

私は、矢口をデビュー以来ずっと知っている。
辞める1年前までは面白くて興味があった。

だが、下半身の自己管理能力について常日頃問題を抱えていた。

公になりはしなかったが、火のないところに煙はたたず、、

当時大変頻繁に発生していた、イヤモニ盗聴事件で、
その噂が事実だったことが明らかになり、

それからというもの、モーニング娘。のコアヲタの間では
モラルを無視してまで無尽蔵な性欲願望を果たす性格
については周知の事実と化していった。

それを裏付けるかのように、下半身の自己管理能力
の欠如が原因と思われる、同じような人間のモラルを
逸脱するような行為を、幾度もおこして
その都度反省の会見を開いては、また同じ問題を
おこして、と我々は騙され続けてきたのである。

アイドルのファンは基本的に優しいものだ。

今だと、
柏木由紀や松村、渡辺美優紀のファンを見ていれば
それがわかると思う。

私も最初は男性関係の問題はだれでもあるから、
本当に反省してがんばれと思っていたが、
それはもうさすがに今回の自宅で不倫セックスしながら
旦那を迎えるという、多分同じような問題を今まで
もおこしてきたと思うが、それは婚約前
だったから表面化しなかっただけだと思うが、
今回それを既婚者という立場で発生させるという、
反省に反省を重ねた結果、その経緯とは裏腹に、
過去最悪レベルの行動をおこして、さらに、記者に
金には困っていないとか記者会見の反省の
態度を覆すような態度を表面化させる行動に
出ていたことで、

もうこれは性根が腐ってる、
こんなの普通の人間が問題を起こしたレベルじゃない、
反省して直るような問題じゃない、
キンコメ高橋と同じように、
犯罪者、異常性欲者がタレントになったような人間だ。

世の中で親の次のレベルで優しい
長年のファンが、この人にとっての優しさ
というのは、許すことがやさしさではなく、
叱ることが一番の優しさなんだと

そう結論付けて突き放す方向に対応したのに、

矢口をなにもわかっていない、基本的に金のために
消費するだけ、数字が稼げればあとは矢口がどうなろうが
しったこっちゃないと考えているメディアの関係者が、
面白がって矢口を許す行動に出たことに、
切なさがこみ上げてきます。。

ファンが助けているのにメディアが陥れているという。

助けているのにいじめていると間違って捉えられ、

陥れているのに助けていると勘違いしていると。

今回、2016.04.02のゴッドタンという番組。

私は初回からずっとファンで過去にもいろいろ
記事を書いて貢献してきました。

また一度も嫌な思いをしたことがありませんでした。

しかし、今回は矢口のどなっている場面が予告で
流れた瞬間、今まで大好きだった佐久間プロデューサー
への憎悪感がこみあがってきて、目を覆ってしまい、
予約も即消去しました。

料理の場合は、最高レベルの至高のメニューでも、
陰毛が一本そこに混入していたら、吐き気がしてくる
ような場合と同じく、

私にとって至高の番組だったゴッドタンですが、
今回矢口という陰毛が一本混入してしまったおかげで、
他の至高の出演者とスタッフの存在が全て打ち消され、
笑顔から吐き気に突き落とされた感じがしました。

人格破綻者への優しさとはどういうものなのか、
今だけではなく、矢口の生涯の歴史を読み直し、
本当の性格というものを真剣に考えて、
矢口の為になる本当の対応方法について
今一度考え直してほしいと思います。

藤井智久プロデューサーと伊藤Pは矢口にぬるま湯を
与えなかったので本当に優しいかたなんだなって思いました。

広告

コメントは受け付けていません。