指原がここまで支えてきてくれたファンより、そこら辺にいるチャラ男の意見を重要視したことの浅はかさ。

標準

ジャニーズ常連の誰でも入学、卒業できる、弱者にやさしい
クラーク記念国際高等学校を中退していた二階堂。

芸能活動にも協力的で、身なりのチェックも厳しい、
同校を、二階堂氏は素行不良で中退していた
ことがメンバー間のトーク中に明らかにされたんですが、

まあ私の経験上、ここは身なりは普通で偏差値が中の下程度
のところなので、こういうところの不良というのは、
陰湿ないじめは出来るけど、刑務所行きを覚悟してまでの
自己主張は出来ない、という金髪はいやだけど茶髪は大好き
という美的センスをお持ちなんじゃないかと思います。

中居さんみたいなゴリゴリの金髪は本物の人じゃないと
かっこいいと思えないんですがね。

指原の茶髪は秋葉原の無差別殺人と同じ。

喧嘩は弱い、
毎日同じことを続けることができない、
忍耐強くない、
将来を考えて勉強するより、手っ取り早く有名になりたい、
だけど、なんのスキルも実力もない、

そういう人間が、手っ取り早く自己主張できるものが
茶髪とか、外見とか、服装ですよね。
あと法律的にもモラル的にもやってはいけないものを
やるということ。

まあ秋葉原の通り魔の犯人と同じですよ。

あとは北朝鮮のミサイル、自爆テロと同じ。

手っ取り早く目立てるから、人通りが多い場所で
手あたり次第人を殺しまくったと。

有名になる手段として一番安易で
なんの苦労もなく即日誰でも実行して
効果が確認できる方法ですね。

ノーベル賞と違うのは、
人類全員が敵になるか、味方になるかだけ。
自分の家系が地下に潜るか表で褒め称えられる
かだけ。

指原さん、

貴方は二階堂のコメントを受けて、
まじめにきれいになりたいから茶髪にして
痩せたと言いました。

しかし、そんなコメントをした二階堂氏は
その美的センスに従って活動してきた結果、現在、
舞祭組というグループに入ってしまって
いるんですよ。

茶髪にすることで、私のような、
自分の好きなことに一生懸命に生き、
世間の風潮にもとらわれず、自分の感覚を大事にして、
外見に逃げず、トーク力や独自のセンスを武器に、
バラエティーも一生懸命がんばる指原を
応援していた人が離れて行ってしまう
リスクのほうが大きいと思いますよ。

AKBでここまで成功してきたのは
自分のセンスだったんですよね。

それが間違っていなかったということは
結果として確証されていますよね。

なのに、なぜ、急にそこらへんのお兄ちゃん
の意見を受け入れてしまったんですか。

貴方がAKBでキワモノとしての活躍を希望してたら
別ですが、

かわいくて、きれいな、後輩が憧れる、
これからAKBに入る人の目標にされるような
アイドルイメージを真面目に目標として
いたら、

ベタですけど、
まゆゆさんや、こじはるさん他のアドバイス
をに受け入れるようにしていったほうが
得策だと思います。

私は、AKBデビュー当時からファンですが、
貴方がいろいろ疲れて、最終的には必ず黒髪に
戻ってくることを信じています。

追伸:以前の記事を参照いただければお分かりになると思いますが舞祭組は大好きですので念のため。

広告

コメントは受け付けていません。