ファンの期待を裏切った、AKB48劇場高橋みなみプロデュースカオス公演。

標準

木下百花、田名部生来、松村香織、岩田華怜、伊豆田莉奈、西野未姫、
市川美織、小笠原茉由、西山怜那、谷真理佳、中西智代梨、石田晴香、
宮崎美穂、大家志津香、佐々木優佳里、島田晴香、野澤玲奈、
高橋みなみ

というメンバーで、全メンバーがコスプレで行った数曲のライブ以外は、
全て木下主催の、程度の低いドランクドラゴンのヲタクコントを延長させ、
流行りのボーイズラブ要素を入れた寸劇で終始した内容でした。

最初から木下がリーダー的ポジションで、

今回の高橋みなみプロデュース
公演中一番リハーサルを重ねた公演だったということで、
木下がそうとうなプレッシャーを感じているような立ち振る舞いで、
またそれが裏目に出てしまっていて、面白さよりも殺気立っていて
怖かったイメージしか残らなかったですね。

私は、ちょりと谷のパジャマドライブとか、島田の一人エスケープとかw、
面白いのを最前提で、あくまでそういういつもやりたくても出来ないことを
やりつくすような、いつも表舞台に出ないメンバーを最前面に出させる
ことで生まれる、テレビを家族で観ていたら、突然AVが流れてしまった
ようなカオスを期待していたんですけど、

悪い意味で裏切られました。

木下さんは、いつもはNMBで、

小谷さんの独演会同様、
飛び道具的なポジションで、あまり大きな期待もなく、
好き勝手にやっていて、今回も多分高橋に同じような気持ちで
やってくれって言われたので軽い気持ちで引き受けたんだが、

実際にやってみると、リハから本番に至るまでの全てにおいて、
知らない間にAKB48劇場での高橋みなみプロデュースという特別公演という
大きな看板のプレッシャーを自分は意識してないのに、
背負ってしまっている自分に本番が近づくにつれて気付き、
本番でそれが悪い方向に噴出してしまったっていう気がしましたね。

いつも表舞台に出れないメンバーを、さらに裏に引き連れて行って、
救いようのない暗黒のカオスにしてしまった公演でした。

いま落ち着いて考察すると、

カオスのメンバーは全員個性があって
魅力的で、自己演出できるベテランなので、
あまりカオスっていうことで創りこまないで、
木下の枠の中に閉じ込めずに、各自やりたいことをやらせたほうが
全員の魅力が最大限に発揮できて素晴らしい内容になっていた
んじゃないかと思いましたね。

最後に、責任は自分が取るからと、自分は口を出さず、木下に全てを任せて
創らせた内容を、一通り観た高橋みなみが、

AKB48劇場で金をとってみせるパフォーマンスのクオリティ
を下回っていることを感じとって、
アンコールで西川貴教さんをゲストに急きょブッコんで、
とりあえず強引ではあるが、成立させていたのは
ご愛敬でしたね。

まあAKBはドラフト会議でも最後にライブを数曲やって、
これで勘弁してくれと言わんばかりに終わらせる
ので、それと似たようなことだったと思いますねw

広告

コメントは受け付けていません。