HKT48 2016春コン~サシコ・ド・ソレイユ 2016~内容を予想し生き残るための展開を指原氏に提示。

標準

HKT48春のライブツアー ~サシコ・ド・ソレイユ 2016~
会場・公演日時 ●愛知県/日本ガイシホール
2016年2月6日(土) 11:30開場 13:00開演
2016年2月6日(土) 16:30開場 18:00開演
●東京都/代々木第一体育館
2016年2月23日(火) 17:00開場 18:30開演
2016年2月24日(水) 17:00開場 18:30開演
席種・料金 指定席 ¥7,800 (消費税込み)
ファミリー席 ¥7,800 (消費税込み)

とくに2月6日(土)名古屋はツアーの皮切りとなるプレミアムな公演!
昨年は指原莉乃座長公演も成功させたサシコ率いるエンターテイメント集団が、今度は何を観せてくれるのか!?
はたしてどんな曲目、演出が飛び出すのか!?
「サシコ・ド・ソレイユ2016」にご期待ください!

タイトルが大げさで、本当に曲とMC以外の出し物を30パーセント
以上だしてくれたら行きたいと思うんですが、この

「どんな曲目、演出が飛び出すのか」

というサブコメントにもあるように、曲が中心みたいですから、
九州ツアーで指原氏が演出を叩かれて以降の普通に落ちぶれてしまったコンサート
と思って構わないと思います。

HKTはロックだよや泥のメトロノーム、矢吹のいじわるチュー
以外、シングル楽曲のほとんどが刺さらないので、シングルやアルバム以外の楽曲
を70パーセント以上入れてくれれば行きたいんですが、

そのフィルターを無事通過したとしても、
今回は残念ながら代々木というでんぱのとき遠くて
興ざめしてしまった米粒会場。

もしシングルやアルバム楽曲でごり押ししてきて、さらに
後方になったらと思うと背筋が寒くなるので、
80パーセントスルー方向で考えてます。

これ3000円でも行かないですね。

今HKTの大規模コンサート行けるひとは第一条件
としてシングル曲が大好きなひとじゃないと無理ですね。
姿が見えなくても好きなら楽しめますからね。

メンバーの姿どころか、パフォーマンスから伝わる熱さ、
とかが遠くて伝わらないから、
私のようなシングル、アルバム楽曲大嫌いな奴は無理ですね。
だって感じるものがゼロですからね。。

米粒を横目にスクリーン凝視で初めから固定されるのが安定なので、
ライブビューイングのほうが近くで観れるので行きたいですね。

っていうなんと皮肉な話w

こんなHKTだったら内容は問わずにほいほい金を出す奴ら向けの
安定定期イベントやるんなら、キネマ倶楽部とかTDCとかzeppとか2000人規模の会場で
劇場公演を数回やってくれたほうが断然熱くなるんですけどね。。

過ぎた時間は戻ってこないんだよ指原氏。。

AKBと同じようなことを惰性でやらないで、
AKBがやらない、やらなかったことをHKTで積み重ねていかないと
時間が勿体ないよ。。

AKBと同じことをやって時間を過ごしていても差は埋まらないんだよ。

NTTに対抗するAUとかソフトバンクのように弱点を
探してそこを攻めていかないとAKBとHKTの差は永遠に埋まらないよ。

自分が正解だと思うなら多少強引でもいいから引っ張って行って
成功させてあとで認めさせればいいじゃないか。

ファンに優しすぎるのは指原氏の長所でもあり短所でもあるんだよね。

まああなたのヲタ人生ですからこのまま新しい道をつくることに失敗して
消えていくか、リスクを冒してでも新しい道を切り開いて
HKTの存在を唯一無二のポジションに確立させるのか、

良く考えて残りのHKT人生を謳歌していって下さい。

広告

コメントは受け付けていません。