コアヲタが一言程度でまとめる、電気グルーヴ DENKI GROOVE THE MOVIE?

標準

フラッシュパパ発表後、
このまま行ったら俺はテレビに出たりして音楽以外
でも活躍しなきゃいけないのかと不安になり、
電気がスターになるのを予想していたから、
迷惑をかけないように脱退した。(CMJK)

「A」制作中に電気って一曲も
ヒット曲ないのになんでえらそーなのていう
世間から感じるメッセージが頭から離れなかった。(砂原良徳)

石野卓球はアルバム「A」制作後、インタビュー中に初めて涙を流し、

「大変だったんだよ、、、」とつぶやいた。(山崎洋一郎)

「「A」発表後、電気はイギリス方面で吸収していったほうが良いと
思っていたんだけど、反対されて卓球がいろいろ親交があるドイツ
に行ったので脱退した。」(砂原)

「電気グルーヴは卓球次第、スチャはシンコ次第なんだよ。」(BOSE)

最後に、、、

本編で、出てこなかったですが、シャングリラは808ステイトの
LIFT(1991)

からKARATEKA(1992)になり、砂原の1stソロアルバム(1995)になり、
シャングリラ(1997)になったと確信しています。

広告

コメントは受け付けていません。