結局ももクロがアイドル界の最先端だった。紅白卒業。こういうことをさらっとできるから。

標準

ももクロ紅白卒業

いろいろ言ってますが、ピストルズの
ジョンライドンのロックは死んだ
発言同様、こういうことに純粋に
感動できる心は失っていませんよ。

今のアイドルで自分たちから卒業を言えるのは
ももクロだけだと思います。

まあ私も初回だけは感動しましたが、翌年からは
飽きてなにも感じませんでしたので、
ももクロスタッフも同じような感覚を
覚えていたのかも知れませんね。

昨年は私の紅白のフェイバリットに歌手ではなく
妖怪ウオッチのウィスパーが選ばれる事態が発生してしまい、
ももクロの内容も記憶のかなたへと消えてしまい
ましたんで、まあ良い判断だと思いますね。

あとスタダ芸能3部、ももクロスタッフはアラフォーが多く、
とんがってる人が多く、フォーク世代や、
オルタナティブやアンダーグラウンド好き
な人たちが多いのも、理由でしょうね。

ここがAKS+秋元康やハロプロと大きく違う部分でしょう。

記録や地位よりもなによりもとにかく自分たちが
面白いと思えるものを作ることに専念していく。
面白くて納得できることをやり続けていく。

記録や売り上げや人気や仕事内容をやらせの
コネや金で動かしているような表面的な
音楽業界界隈から距離を置き、
決してそこにずぼずぼにならず
なによりもファンとメンバーのことを第一に考えて
プロジェクトを推し進めている
スターダストの運営陣。

これまでここで語って来たことが
確信に変わりましたね。

やっぱこういう人たちだからNARASAKIさんが曲を提供するんだよね。
だから布袋さんもコラボするんだよね。

心で繋がるってほんと最強ですよね。

金で繋がっても金がなくなりゃすぐ離れていきますからね。

スタダももクロチームだけであらゆる規模のライブの
企画演出が可能になった時には最強のチームに
なるんじゃないかと思いますね。

その時を夢見て、

ももクロ紅白卒業の次は、、

大会場ライブ演出からの

佐々木敦規の

卒業の日を心からお待ちしておりますwwwww

お後がよろしいようで。

広告

コメントは受け付けていません。