2015.11.12 月刊TAKAHASHI11月号、、10月号から奈落に突き落とされ、逆に全く時間が無駄な2時間でした。

標準

楽曲派にとっては

10月が神

01 PUSH (大味
02 Z女戦争 (大味
03 ピンキー (本物
04 Chai Maxx (本物
05 LOST CHILD (本物
06 BIRTH (本物
07 月と銀紙飛行船 (本物
08 猛烈 (本物
09 いつか君が(普通
10 BIO (本物
11 労働 (本物
EN1 Hello(定番
EN2 オレンジ(定番
EN3 Chai Maxx ZERO (本物

だと仮定すると、
11月

01 words(定番
02 ワニシャン(大味
03 笑顔百景(大味
04 ニッポン万歳! (リラックス
05 平和宣言 (リラックス
06:白い風 (雰囲気物
07 ありがとう (雰囲気物
08 Fellow(普通、雰囲気物
09 Believe(ダンスもの
10 労働(ダンスもの
11 CONTRA(ダンスもの
12 ロマこん(普通の歌謡曲
13 Z女 (大味
EN1 タキシード(普通の歌謡曲

は完全に外れでしたね。。

杏果を全員でいじりたおした後の
wordsは良かったんですが、

ワニシャンと笑顔で心が折れましたね。
このワニシャンから平和は色物なんで
続けちゃいけませんよ。。

合間にリラックスさせるために入れる曲で
作ってるほうもそういうイメージで作ったんだからさあ。。

でなんとか白い風でヒットポイントを
maxに持って行ったものの、
白い風からfellowまで、1曲でやれば
光り輝く曲を、無駄に繋いだために
だらーっとした空気におとしいれ、、

今度はbelieveからコントラってw
逆に激しめのを連続で。。

この6から11は入れ替えればすごく
緊張感がある素晴らしい雰囲気に
なったのに、並べ方を間違ったおかげで
最悪な、大食い選手権をやってるような
同じことを繰り返す苦痛を味合わせる
結果になってしまったっていう。

で12から最後もなんか中途半端な
ピリッとしない曲を並べ、

アンコールは普通の中途半端な曲
を1曲で終了させて、終演後に、
アンコールで普通の
曲を1曲やるだけのさだまさしのライブを観て影響
されたと言って言い訳して終わりですよ。

おい、ももクロのあほ連中!

お前らバカなのか。

ももクロの代表曲は怪盗だったり
ピンキーだろ。

さだまさしの代表曲は関白宣言とか
いわゆる静かな曲だろ。

だったらさだまさしの普通が静かな曲
だとしたら、ももクロの普通は激しい
曲なんだよ。

お前らの今回のライブはさだまさしが
最後にヘビメタ、良くてストーンズを
やったようなもんなんだよ。

今回の件を大いに反省して出直して来い。ほんと。。

こんなの褒めてたらこのサイトがももクロごり押しだって指原氏にばかにされるわ。。

広告

コメントは受け付けていません。