ざっくりとiphone6sの最低維持費用額を計算した結果、結局今まで通り高値でした。

標準

平均的な条件で費用を算出してみる。

iphone6sとplusの16GBの平均価格は100000円程度になると思います。

これでまず中古下取りについてはまだ6だとヤフオクで
40000円程度で売れますからメーカーの20000円は論外。

で25歳以下とかMNPという条件もマニアックなので論外。

初心者の普通の40歳のおじさんが新規で音声とデータを
2gb程度まで使える金額という一般的な条件でみてみました。

まず端末代は
24か月の場合月額4666円です。

でドコモだと通信料は

基本 カケホーダイプランが2700円
+インターネット接続サービス spモードが300円
+パケットパック+データSパック(小容量)(2GB)が3,500円
合計6500円

これで月額合計ざっと10000円。

新規だと月々サポートざっと3000円引いて

7000円ですね。

これで24回払いです。

それか、次はiphone7だから1年後を見越して
12回払いで4500円追加して11500円ですね。
月額11500円払っていれば
最新のiphoneが使えるという計算です

(スマートバリューがあれば月額10000円払っていれば
常に最新のiphoneを安心して使えるという計算ですね。)

この金額はauもソフトバンクもだいたい同じです。

100円コーヒーが100円でできることは限られている
ので新製品でも特に味が変わらないのと同じく、
通信費用も同じなんですよね。
ソフトバンクが参入したときに市場価格が
変わったのがあっただけで、もう最近は
変わらないんですよね。

simフリーと公式を含めた費用とサービスの違いを調べてみる。

またsimフリーについては、私も期待していたんですが、
調べてみるとiOS8には対応していなかったり、
対応していてもOSのバージョンを上げたらだめとか
いう条件があったりと、で対応していなかったら
結局自己責任の世界なので、結局最新機種では
使えないっていうね。。
(具体的にはiOS7までしか対応してない)

あとイベントに出向くことが多い環境では、
docomo系はauより信頼できないんで、
mineoがだめだと数千円出してもauのほうが
いいっていうことになっちゃうんですよね。

で、これは結局今後のバージョンアップのたびに
こういった状況になるとおもうので、
最新を使いたい人にはだめかなあと思いました。

au派の端末と回線の組合わせはどれがベストか。

テザリング無、最新OS未対応で対応するのが待てる人は、
アップルsimフリー版を買って、auが対応するまで
ドコモで使い、対応したら2000円払ってauに入れ替えてaumineo化する。

正式にauでiphone6sを12か月払い11500円払ってauで使う。

私はずっとsimフリー化したいって思っていたんですが、実際
調べてみると、価格なりの悪いところが出てきたんで、
auと最新のOSにこだわるならこれがベストかなって気がしました。

広告

コメントは受け付けていません。