2015.09.07 utage 渡辺麻友に初めて嫌な気持ちになった瞬間があった。。

標準

バスツアーでざっくばらんに話し合っているシーン。

中居さんが
「akbってcdどんくらい売れてるの?」

一瞬指原、渡辺、峯岸がシーンとなる。。

「それは、」といって黙り込んでしまった渡辺麻友を見て、
すかさず指原が総選挙の投票権のしくみについてしゃべりだす。

峯岸も同調する仕草をするも、渡辺は苦虫を噛んだような
表情で無口のまま。。

で次に握手会の事について話し出す指原。

というシーンがありまして、
初めて渡辺麻友に嫌悪感を抱きました。

渡辺麻友はまとめる役割は特に
与えられてないし、
また、与えられるような性格じゃないから、
akbではパフォーマンスというか
アーチストとしての芸、表現の深みを
追求する方向でaksは育ててきた。

今回はそれによるマイナス面が思い切り
表に晒されてしまったカタチになってしまった
気がします。

握手会はakbgの本質なので、
それが嫌いならakbにいない方が良いし、
嫌な顔して黙り込むくらいなら、
恥ずかしいことだと思っているなら
やめた方が良いと思うからです。

それに対して指原氏は自分がakbにいる、
akbとして活動するとはどういう事なのか、
支配人としての役割も任されているので、
いつどんな質問や悩み相談があっても理路整然と
こたえられるように、
きちんと自分の中でakbの仕組みを整理して
脳内にしまってあるから今回その差が
出てしまった気がする。

ちなみに私は数回で頭の悪さに気付いて既に貢ぎや
接触は卒業しましたのであしからずw

広告

コメントは受け付けていません。