PS4やPC(Windows)ゲームの7.1ch、5.1chというサラウンド環境をヘッドホンで楽しむ方法のまとめ。

標準

以前言ったように、秋葉原の昔、今のドンキの対面の
九十九電機がある場所の右横に創業当時のドスパラ
があって、主に海外ゲームとそれを楽しむための
オリジナルパソコンを扱う店だったんですが、
そこで初めてシェアウェアで配布されていた
紙ジャケットのDOOMというものに出会いまして、
それから現在までFPSとは長い付き合いになって
いるんですが、私はDOOM3でしゃべったりする
ゲームになったとき、英語がわからないので
そこから離れていたんですが、先日のベセスダ
のE3での新作の2016DOOMのパフォーマンスに
を感動して、再燃してしまって、
まずcall of dutyというものを初めて知りw、
そして、ひとしきり体験して、さらに日本語化
されたDOOM3を体験、
そして、DOOMの1と2、wolfensteinのold blood
が安くなっているので購入して、これにも衝撃
を受けてという感じの毎日を送っているんですが、

まあwolfensteinで良く死ぬわ死ぬわ、、2DのDOOM
から急にDOOM3やwolfenstein oldbloodに行った
んでリプレイの嵐で参っていたのでなんとかしたい
と思っているところ、PS4は7.1chに対応している
と知り、またold bloodも対応しているとのことで
ヘッドホンを検討し始めましたんです。

すると足音がよく聞こえるようになるとかいう
感想があってよだれが出始めたんです。

しかしさらに深く調べると、、

サラウンド対応ヘッドホンていうのは
それ自体は普通の2chヘッドホンで、
ソフトウェアやハードウェアでサラウンド環境を
間に仮想構築してかましてやることでサラウンドに
聴こえるようになるということなんですね。

でほとんどのものは圧縮された音声になってしまうと。

30000円近いソニーのやつだけ無圧縮の音源なんですね。

だからPC、Windowsで使う場合はソフトウェアを利用した
安価なもので体験できると。
ロジクールとかクリエイティブとかのやつがこれですね。

でハードウェアを利用したものはパナソニックとソニー
から出ていて、流し元のデバイスからこれに音声を別に
流し込んであげて、サラウンド化したものを
これから受け取るという形なんですね。

で感想をいろいろ見ていると、
サラウンドに詳しい人は本当にスピーカー
を配置して作り上げたものにはかなわない
が、まあ大きな期待をしなければ
いいんじゃないかとか、
初めての人は結構感動している人が多くて、
あと、ゲームに使っている人は
全てのchの音声が混ざりこんで、普通の
2chヘッドホンより足音とかがわかりにくくなる
という意見がありましたね。

そしてゲーム用にはリアルサラウンドのヘッドホン
がいいという結論が出ていて、
ch分のユニットが組み込まれている代物
なんですが、アマゾンで
リアルサラウンドと入れるとヒットする
ヘッドホンがあり、海外製なんですが、
ゲームデバイス専門のメーカーの製品で、
これはゲーム専用で他には使えないけど
正確に環境音を聞き分けられるということですね。

ちなみにPS4でも認識するということです。

しかし、数千円の安物で評価が高いやつが
あったがコメントが全てサクラで、、
高い奴はそれなりの評価を得ているんですが
壊れたときを考えるとサポートが不安なので
こちらもあきらめました。

またリアルサラウンドではスピーカーを配置
する方法もあるんですがこれは映画とか
では有効だが定位がぼけるのでFPSでは
ヘッドホンのほうが最適だということですね。

でリアルサラウンドヘッドホンは音楽には向いてない、
あくまでゲーム用で音が鳴る位置を把握する
ために使用するものだということです。

で最後にいろんなものを試した人の意見をみて
ひとまず今回は購入はやめました。
それは

きちんとした2chのヘッドホンを買えば
それが最もFPSに有効だという。

まあでも時間かけていろいろ調べたおかげで
ニュアンスは分かった気がします。

数千円の信頼のロジクールのwindows対応のやつや、
パナソニックのユニットとヘッドホンがセットになってる
13000円程度の奴で、
疑似サラウンドを体験し、それが自分の思ったものだったら
もっと高いものを買うか、このスレを参考に
「【FPS】リアルサラウンドヘッドホン」
リアルサラウンドのものを買うと。

そうでなければやめる。

それが一番だと思いました。

2015年8月19日追記

wolfensteinの空間に全方位テレポートしたいので
パナのやつを購入しちゃいました。。

届いたらレポします。

2015年10月20日追記

届きました。

数回試してみて、結局1000円の普通のインナーイヤーイヤホン
SE-CE521-K
に戻りましたw

広告

コメントは受け付けていません。