2015.08.01 TIF2015 OIF2015の初日の現場で感じた特徴的なことの感想。

標準

急にnanoCUNEの単独定期公演チケット発売日になったので
確保してから参戦しました。

でエアコンガンガンでお待ちしていますということ
だったが少し暑い感じでしたw

入り口が狭いので怖がらずに入りましょう。
手前と後方どちらでも入れます。

舞台外ではアイドルがファンと交流してました。
物販もやってたようですが行かなかったので知らないです。

舞台ではnotallがパフォーマンス中でした。

北風インパクト
doMebaby
恋するBeat
おとぎラビット研修中!
百花繚乱

までチェックしてsmile gardenに向かいました。

単刀直入に言うと、目を疑うほど、大好物の
変態楽曲系が続きました。

北風インパクト
は普通にどうってことないと冷静に聞き流して
いたらこれすげーんじゃねーかってなってきて
ほんとにすごかった。passcode系とAKBが合わさった
感じでした。面白かったです。

UFOキャッチャーで私物が入っているから遊べとw

doMebaby
なんかリンドバーグみたいな感じに
途中ヘドバン系の遊びを入れた曲でした。
鹿鳴館で単独決定とか。
こちらも缶バッジをガチャで。
次はshow-yaぽい曲。

ヲタのコールの型が最新型で面白かった。

最後にファイナルカウントダウンのパクリで終了。

悪くはないけどオリジナリティがもっと必要ですね。

恋するBeat
跳ねる感じのアイドル歌謡。これは普通。
次はすごかったです。
昔のエレクトリックボディビートぽい曲。
ministryとかninとかの感じ。
でメンバーがウリャを叫んでヲタがヲイで応える。
「あいせーの」まで叫ぶw
これも新型の定型コールでした。

「これが最後の曲です」の返しの「えー」に
いつもより大きいです。。
もうこれは小池がやってから笑いに変えるのは
定番になりつつありますね。

「拍手とコールを強制でお願いします!」
最後はまたパンクぽい、ジグジグスパトニック
を速くした感じの曲でした。

私と世代的に近い人が作っているなって思いましたw

おとぎラビット研修中!

普通の4つ打ちHKT系ユーロビート
かと思いきやこれがすごかった。

公式HPに
「ダンスにもヘドバンやスカダン、サークルモッシュなど
会場のお客さんと一緒に盛り上がれる要素満載のライブです!! 」
とある通りでした。

passcodeにもっとジャンルの横の幅を持たせた感じですね。
passcodeがジャンキーになっていった分、こちらは
明るいスカと融合させたりジャンルの幅が広くて面白いですね。

3曲目は普通のグリーンデイとか難波章浩系のパンクロックで退屈でした。
4曲目はアフィリアサーガの飛行実習ぽい曲でした。

これもメンバーが「ウリャ」を開始してヲタが「ヲイ」で返す感じ。

やっぱり流れが速い小さい小屋の現場はヲタもアーチストも
どんどん新しくなってて刺激的です。
ももクロやAKBGみたいに客の流れがほとんど沈滞化してしまっていて
古いまま固定化なんかしていません。
どんどん新しい人が入っては消え入っては消えしていますからね。
面白いものしか残らないのです。

百花繚乱

これは普通のネットアイドル寄りのHKT系の曲間にロック系のギミックを
入れた感じです。

次の少女第九楽章ガールズアンセム
まで行こうとしたけど
聴いてられないので移動開始。

でsmileに行って帰ってきた時の状況を先に書きます。
ほとんど全てHKT系の歌謡曲だったんですが、
キラキラプリンセスっていう2人組がいて
元気があってももクロに似てるって思っていた
んですが、最後に走れ!をやって、まあ会場で
涙ぐんでいるのは私一人だったと思いますがw
その走れ!のコールをももクロの定型コール
を基盤にしつつ、アレンジを加えて最新の型で
ヲタとまとめたのがなんが素晴らしかったですね。
時代を超えたと言うか。

すいません、ちょっと思い出したんで書き加えました。ではどうぞ。。

でsmile srtageは

がんばれ!victory

これはガールズバンドですが普通じゃなくて
尖った演奏をみせてくれます。
作られたまるい歌謡曲じゃなくて、わざと
荒削りなところをガンガン前面にみせていく
感じの、、例えるとBuonoとかに近いかも。

ピストルズとかboowyのリフとかをわざとわかりやすく
挿入してあってまんまとやられてしまいました。

私は名前は知っていたんですが普通のHKT歌謡
だと思っていたんで良い方向に驚きました。

プールイ

客が一番少なかった気がする。
理由はわからない。
私的には楽曲も歌唱力も一番よかったからね。

で百戦錬磨のプールイがそんな空気を察知したのか、、
最初の1曲はオリジナルで良かったけど、
人気欲しさなのか、最後にnerveをやってしまった。。。
その時客がなだれ込んできて砂埃がたちまくって満杯に。

少し後にBiSHの出番があったりするんで
プライドの面からもオリジナルで貫いて欲しかった。

でもBiSHはBiSを彷彿させる定番の1曲リピートを展開して
現場は最悪な状態になっていました。

なんなんだろうねこのグループは。

プールイはホントに実力あるひとなのに額面通り見せないんだからね。

ふざけていい時と悪い時がある。

面白ければふざけて良いが、面白くなくて
客にもアーチストにも利益がない場合はふざけちゃいけない
と思いますね。。

最後に行くと良いところと悪いところを。

OIFについての良いところは

最新型のヲタ芸、ヲタコールを体験できるのと
数時間いて一緒にやっていれば習得できる
ところですね。
あとコールを発令する人の顔や実行してる人の顔
も全員見れるし、
カンペを出したりっていうやり方も観れるので
面白いですよ。
あと全員3列目から4列目位の位置で観れるし、
間に変な演出家のフィルターとかも存在しないんで、
アイドルと自分がダイレクトに繋がることで、
こんな人たちいたんだと、本当に心に刺さる
アイドルを見つけられるところですね。

悪いところは、

好みじゃないものと好みのものがあることですね。
最初にyoutubeでチェックして行けばそれは防げますが
前知識なしで直で行く場合は、数時間まったく好みの
アイドルが出ない場合もありますからね。
その例として、帰り際little moreから
PIP:Platonics Idol Platform
まで観たんですが、
全てAKBとかHKTぽい普通の歌謡曲系ばかりで、
一つも引っかかるものはありませんでしたからね。

TIFのsmile gardenについて

良いところ

無料で多少有名なアイドルを観れる。
客が少ない場合は自由に踊ったりできる。

悪いところ

暑い
いろんな客がいるので腹が立ったり
するけどそれを自己解決しないといけない。
客の入れ替わりが激しいので気を遣う。
デビューして年数が経過しているアイドルが多いので、
専属の固定化した客が多く、ヲタ芸やコールが多少古い。
そして新しいものを入れる隙間がない。
入れようとすると怒る。

そして最後に全てにおいて言えること。

ミキサー卓から出力する環境がチープすぎるので、
ミキサー卓から直接聴かせてくれる中継や録画映像
の方が音質が良い。。
一般向けのビデオカメラで音と映像を配信している
ものは省きます。

広告

コメントは受け付けていません。