当選しました。本物のタケちゃんマンに会えることになりました。2015.07.28 ビートたけしほぼ単独LIVE その2

標準

表題でタケちゃんマンと言ったのは、私が初めて出会った
のがひょうきん族のタケちゃんマンだったからです。

このブログで昔、自分が非常に辛かった時期に助けられた、
テレビで活躍していたお笑いの方たちに、追っかけみたいな
ことではなく、1人づつ現実に舞台や現場でお会いして自分の
記憶に残していく作業をしていくと言いましたが、

今回のこのたけしさんの単独ライブの当選報告をきいて、
もしかしたら本当に全員に会えるかも知れないと
今回思い始めました。

キャパ500人なので最後方でもこの近さなんですが、
よみうり大手町ホール
これがやはりお笑いの良さなんですよね。
音楽のライブと違い、お笑いは大きさとお笑いの大きさ
は反比例していくので正しいお笑いのセンスをお持ちの人ならば
絶対大きな会場でお笑いはやりませんからね。
失敗した例として漫才ブーム時の武道館での
THEMANZAIは最悪だったんですよね。。
あれ以来、大会場はあまりやらなくなりましたよね。

しかし、ほんとにこんな生のライブの素晴らしさを教えてくれた
ももクロさんと川上マネージャーに、今となってはただただ感謝するのみですよ。

最近は専ら大会場ライブで大金を運用して自分の地位が上がったと勘違いしている、
田舎者の佐々木敦規には絶対感謝しないけどねw

佐々木敦規は将来もし永野の単独ライブの演出を手掛け、見事大成功
させた暁に初めて認めてやるw

ちなみに今回、ここで転売屋がぼろ儲けしてるから身元確認してほしいと
懇願したところ、〆さばアタルさんが対応してくれて、
チケットはぎりぎりにならないと発券できないようになりましたね。

こういう小さい積み重ねを、オフィス北野の今後の糧にして
いって、なるべく主催者と観劇者が正しい関係で結ばれるように
していって欲しいと思います。

広告

コメントは受け付けていません。