CITYBOYSシティボーイズファイナル燃えるゴミ。音楽担当はTHE GEESEに引き続き

標準

大竹マネこと大竹まことの実息、大竹涼太氏が担当していました。

大竹涼太

鳴り物入りでw人力舎からASH&Dに移籍し、ライブ現場の仕切りと、
現場のBGMを担当という初めての役割で大活躍しております。

ちなみに人力舎とASH&Dはパートナーなので仲が良いです。

私は初めてGEESEの現場でBGMを聴いたんですが、
普通のジャズっぽい変にとげが無く空間を
穏やかに埋めてくれるような音楽でした。

今回のCITYBOYSの現場でも、知り合いが、
小西康陽が作ったと言われてもわからないような
音楽だったと驚いていましたw

現場に行かれましたら、CITYBOYSの後ろに大竹マネの顔を
浮かべながら音楽を楽しみ、最後のスタッフロールのお名前
を拝見するところまで、大竹ワールドもどうぞお楽しみ下さいませ。

広告

コメントは受け付けていません。