保田圭さんは本当は勝ち組なのに、そのネタを隠して負け組だと主張していた。

標準

保田圭さんは実は勝ち組です。

私はモーニング娘。結成当日からファンですが、
保田さんは外見の悪さをネタにして負け組
と主張することで注目を浴び、
それに耐えられなければそこで終わりですが、
つんくさんに歌唱力で選んだと言わしめた
能力を隠し持って競争を勝ち抜いてきました。

注目を浴びさえすれば自分の良さを
理解してもらえるのにと感じていた
からこそ、歌唱力に自信があったからこそ、
ブスネタで注目を浴びたわけです。

それの証拠として、保田さん、実は
エリートコースです。

モーニング娘。においてのポジションは、
いつも現在の指原氏や卒業前の道重
さんの定番の、現代アイドルグループにおいて
一番おいしいといわれる、
後ろから真ん中においしいところで私を見てと
いわんばかりに鳩時計の鳩のように登場
してくる後列センターでした。

でモーニング娘。の次に、ドリフにおける
志村、でんぱ組における最上もがと言われる
後藤さんを基軸にハロプロの社運をかけた
プッチモニのメンバーに選抜されます。

そして、当時のモーニング娘。の人気の維持に
必須だったうたばんにおいては、おもしろいと
言われながら、今評価すると身長をいじられるだけの
実はなにも面白くなかった矢口なんかよりも、最初から
最後までメインキャラクターとして大活躍
しておりました。

うたばんにおいてゼロから笑いを作り上げて
本当に面白かったのは保田さんだけだった気がします。
表情を自分からすすんで不細工にするだけで
スタジオが大爆笑になっていましたよね。

逆にその他のメンバーは石橋中居、スタッフ
にいじられてはじめて笑いがとれる状態でした。

あえて追加するとハロモニの石川さんなんかも
保田さんの逆で美人キャラで笑いを作る能力が
あった気がしますね。

しくじり先生観ていて、
プッチモニやモーニング娘。での実は重要ポジション
だったエピソードを抜いて、
不細工なのによくがんばったと感じさせるために、
駄目なエピソードばかり並べて、
お涙ちょうだい方向に持って行く演出をしましたが、

冷静に分析すると勝ち組だったという事実を
提示して、この文章を終わらせていただきます。

保田さん、もうビジネス負け組ネタはいい加減
終わりにしましょうよ。

ヘビーなファンにはそんな嘘すぐ
ばれちゃうんですから。

ずるいですよw

広告

コメントは受け付けていません。