アイドリングという番組の企画力は女性アイドルバラエティ番組の中でベスト3に入るレベルの高さだと思います。

標準

橋本瑠果さんきっかけでアイドリングというバラエティ番組
を見始めたのは昨年の半ば。

そんな中、アイドリングという番組は定期的にノーカット総集編の
映像をリリースしているということがわかり、neo期発足時期あたり
から過去映像を見始めているんです。

そしたらやはり腐るほど何十年もお笑いやバラエティを浴びている
私でも企画力がすごいと唸るくらい素晴らしいんですよね。

2015年4月現在、様々な女性アイドルのバラエティ番組が放送されていますが、
現時点では

有吉AKB
ももクロChan
アイドリング

の3本はアイドルのキャラクター力と
それを生かすようなちょうど良いレベルの
バラエティの企画力が見事に融合した
一流の番組だと思います。

ゴッドタン他の純粋なアイドルバラエティ
じゃない番組は省きました。
エビ中のロボサンはドラマですしね。
でんぱジャックはレックスとでんぱの
絡みが30分続けば素晴らしいですが、
同じネタなので企画力とは言えないと思います。

あと毛利忍関連の日本テレビ系の番組は
日本テレビから切られる心配が無い
ぬるま湯でやっていることもあってか
地上波でやるレベルじゃないと思います。
AKBGファン以外は観ないと思います。
AKBのやる気とは裏腹に、古いネタや演出ばかりで
AKBGを出してりゃファンは観るだろう
的な馬鹿にしている空気がぷんぷんします。

NMBの「げいにん」なんかは普通の企画しか
できない毛利忍のやる気のなさをNMBの情熱で
個性を出してなんとか成立させているようにみえてしょうが無いです。

ニヤついて指原の乱に得意げに出てる場合じゃないだろうよ毛利さん。

その点、上記3番組は初めて観る人に向けて
もきちんとファンになって欲しいと必死に
創っている感じがするのでレベルが高くなって
いるんじゃないかと思います。

広告

コメントは受け付けていません。