HKT48の12秒を聴いてHKTのライブは見限ることにしました。

標準

デビュー曲からずっと我慢してきましたが
もうユーロビートに軽い歌詞って感じの同じ
ような区別がつかない楽曲ばっかりで、ここまで来ると
もうこれがHKTなんだねってわかったんで
私は身を引くことにしました。

ハロプロで言うところのアップアップガールズ
のようなグループなんですね。

メロンジュースで少し変わりそうな期待を
した私が馬鹿でした。

短い間でしたがありがとうございました。

もし開催されるなら指原氏の単独か、
HKTのバラエティ番組で楽しみながら、
指原氏の卒業を楽しみに待っていようと
思います。

HKTの縛りでは指原氏はファンに叩かれて
ガラスのハートの指原氏は、もうザ・ピ~スのような
もうぶっとんだことをやるのをあきらめた感じがするので、

ライブ関連は指原氏の単独ライブのみを楽しみに
待っていようと思います。

自分を殺してHKTを継続していますが、
私は指原氏の本当にやりたい内容は
現在のHKTのライブとは全く異なる
全国ツアー初日のようなぶっとんだ
演出だと思っているので、いつか必ず限界が
きて切れると思うので、その日を楽しみに
しておりますww

指原氏、HKTは楽曲ダサすぎるよ。。
支配人の指原氏は楽曲センス抜群なのに
なんでHKTはダサくなるのよ。。
試しに指原氏さあ、cubaseていう音楽作成
ソフトウェア買って適当に創ってみなよ。
あんたでも簡単にHKTの音楽創れるからw

広告

コメントは受け付けていません。