AKBメンバーへの卒業のすすめ。高橋みなみが卒業したのは希望的リフレインPVのロケの時に卒業したほうが自分のペースで好きな時に参加出来るとわかったから。

標準

AKBGを卒業すると、希望的リフレインまでは
ライブで必要なとき出演したり、ライブに好きな時に
客として観覧できたり、AKB48チームサプライズ
で出演したり、元AKBとしてAKBメンバーとの
橋渡しとして出演したり、とまあ仕事ではなくて
気軽にAKBを楽しむことができることはわかっていた
んですが、あくまでオマケで、本線では出演は無理
だった訳です。

しかし、今回本線のシングル希望的リフレインのPVにて
卒業メンバーが参加した経緯を考えると、
これ卒業したほうが毎日公演でなくて済むし、
握手会もやらなくて済むし、
卒業メンバーとして好きなとき参加できるし、
客として好きな時楽しめるし、
と、
まあAKBの良いところが次第に自分にとって苦痛に
なってきたから卒業したんじゃないかと
思うんですよね。
特に高橋みなみは正直だからそういう気持ちでは
AKBのメンバー、特に総監督は務まらないと。

前田さん、篠田さん、板野さんのような大物が卒業して数年経過し、
卒業メンバーの卒業後のルーティンが少しづつクリアに
なってきている中で、最近まあ前田さんや篠田さんの時は今のように
卒業した方が気軽に参加できる感は少なかったですが、
大島さん以降のAKBGのメンバーの卒業に対して、そういう意味合いが
多大に含まれているのを隠して卒業しているんじゃないか
と懐疑的にならざるを得なくなって来ています。

だから卒業の意味合いがレギュラーからゲスト的扱いに
変わることと同義語のような感じになってくると、
、劇場にあまり出ていない忙しい人は卒業する
方向に流れる速さが強まっていく気がしています。

ちなみに私はAKBの劇場公演というのはだれがやっても同じだと
思っているので、特に卒業してもなにも感じないですね。
やめたらまた新しい人、新しいチームが自分や自分たちの色を出して
がんばれば済むことで、それを楽しんでいけばいいんじゃないかと思います。

ももクロさんやジャニーズはメンバーに全てを任せて、
一生自分たちで背負って生き抜いていくことで、
強靭なオリジナリティと決断力とファンコミュニティと
個性的なパフォーマンス能力が備わっていくシステムですが、

ハロプロ(berryzとCUTE除く)やAKBや劇団四季、宝塚というシステムは出たり入ったりを繰り返し、
運営や管理者のアーチストイメージの維持を優先して
それが維持できればメンバーはだれでも良いという考え方
なので、卒業に特別なものはないんですよね。
部品が一つ抜けたので新しい部品を付け替えるだけです。

まあ厳しいようですがそういうことだと思いますので、
AKBの皆さんも自分の人生を大切に、あまりAKBというものを考えすぎず、
AKBという巨大な組織のために自分の目標を見失わないようにして下さいね。

コメントは受け付けていません。