2014.10.24 ミュージックステーション 電気グルーヴの鬼音圧と死の道重シフトスイッチング

標準

まず、モーニング娘。14

one two threeとTIKI BUN
をセットアップしてきました。

ドリムス期の曲を14の初出演時にセットアップして
チャンスを水の泡にしかけていらい、
14の曲のみで仕掛けるようになって
素晴らしいことだと思います。

特に、矢口が最近世間を騒がしているので、
完全にそのドリムス期を思い出させないようにして、
矢口から14を連想させないようにしていきたいところだし、
14の素晴らしい最先端で洗練されている
イメージのみを見せていきたいところですから
ここはきっちりしていきたいですよね。
特に紅白も絡んできていますからゲスなイメージは
避けたいところです。

本放送の内容について、

放送前、前々回のMステの死の道重カメラスイッチング
がまたあるのかと不安だったんですが、
やはりまたMステのロリスタッフは鬼の道重スイッチング
を実行してきましたねw

特に最後、全員を入れての引きのアングルでこのまま終了するのか、
道重スイッチングを反省したんだね。と思いきや、
懲りずに道重を抜いてきやがりましてww

まあ今回は最後ということでの演出だったのかも
しれませんけどね。

そして数曲後に電気グルーヴ登場。

出だしの数秒で、モーニング娘。14は当然として、
他のアーチストの音響セッティングとは一線を画す
圧倒的なセンスのダンスフロア向けのセッティング
の音圧でモーニング娘。14のどこが最先端の
音楽なんだよ秋元康w
って笑っちゃいました。

もし最先端だとしたら電気グルーヴの足元にも
及んでねじゃねーかw大丈夫かよ。

前山田なんかがいい例ですが、コード進行とかメロディ
とか仕掛けとかが音楽だという浅はかなやつらばかり
なんですよねアイドルやアニメの業界って。

おいおい、アウトプットのエンジニアリングも全て
込みで音楽だろうよってほんと思うんですよね。

ほんとメロディとかそういう飾りなんかより、
もう本当に素晴らしい音響セッティングを重視して
制作すると、
もう最小限の音数で十分何時間も踊ってられるほど
気持ち良いというのがわかるようなパフォーマンスで、

そして、パフォーマンス中にずっと爽快な笑顔でパフォーマンス
している電気の二人をみていて、私はそのとき

アイドル達がいろいろごちゃごちゃ変なコード進行の
変な構造の曲作って目先の金を目当てに活動しているのを
余裕で鼻で笑っているように見えて、気持よかったですね!

コメントは受け付けていません。