THE MANZAI 2014 新しさと面白さで決めた推し漫才師リスト

標準

2014 THE MANZAI 認定漫才師

アキナ、阿佐ヶ谷姉妹、LLR、クロスバー直撃、ザ・ぼんち、霜降り明星、湘南デストラーデ、スピードワゴン、ダイアン、田畑藤本、トップリード、ニューヨーク、馬鹿よ貴方は、浜口浜村、藤崎マーケット、見取り図、ムニムニヤエバ、モグライダー、ロシアンモンキー、ロングコートダディ
かまいたち、コマンダンテ、サカイスト、三四郎、ジャングルポケット、笑撃戦隊、なすなかにし、トータルテンボス、博多華丸・大吉、POISON GIRL BAND、マシンガンズ、三日月マンハッタン、ゆにばーす、吉田たち
ウエストランド、S×L、エレファントジョン、さらば青春の光、三拍子、ダイノジ、チーモンチョーチュウ、2丁拳銃、ハライチ、レイザーラモン、和牛
囲碁将棋、学天即、磁石、トレンディエンジェル、流れ星

当サイトの認定漫才師

トップリード(ベテランの意地を感じた)
馬鹿よ貴方は(面白いと感じるセンスが独特)
モグライダー(ブレイク前夜のアンタッチャブルぽいからどう変化していくか期待)
ロングコートダディ(センスもテンポも新しくて独特。)
三四郎(昨年のウェストランドのような新しい匂い)
笑撃戦隊(笑いのセンスが新しい)
ウエストランド(破壊と創造を繰り返すウエストランドの世界)
S×L(ウエストランド直系の突っ込みにザキヤマ系のボケ)
レイザーラモンのRGさんのみ

コメント

これ以外は芸風が古かったり芸風が更新されていなかったり、
昔は面白いからDVDを買ったりして繰り返しみていたけど、
今は時間の無駄で他に面白いやりたいことが沢山あるから、それを
潰してまでは繰り返し観たいと思わない芸風ですね。

簡単にまとめると、漫才うんぬんよりも、自分たちの芸に満足してしまっていて、
こちらに訴えかけるものが感じられないからなにも刺さらないんだと思いますね。

表現するものはなんでもそうですが世の中になにも言いたいことが無い
人のパフォーマンスに時間をかけている暇はありませんからね。

猛毒タレントのたったひとことの猛毒のほうが、出来上がってしまっている
馴れ合い漫才数分よりよっぽどおもしろいし人生のためになるし
刺さりますからね。

年齢と共に叱る人が少なくなっていき、環境がぬるま湯になっていくなか、
自分のセンスを研ぎ澄まして、自分の求めるものの完成に向けて死ぬまで
切磋琢磨して欲しいものですね。

コメントは受け付けていません。