後ろ向きな雰囲気の中、戸賀崎氏が責任を負ってGOサインを出したシステム改正AKBG握手会の現場検証と見解

標準

入り口は握手券を見せれば入れました。

会場への最終段階、ボディチェックは握手のレーンと同じくらいの
レーンが用意されていて、スムーズに入れました。

私は握手はしなかったんですが、まわりの意見をきくと
レーンごとに出口が用意されているので以前よりスムーズに
流れるようになって評判は上々でした。

セキュリティの人数が増えたんですが、その多くは
握手の会場ではなくメンバーとファンが握手するところに
多く配置されていました。

メンバーの後ろはなにも遮る物がなくなっているので
なにかあったら後ろに逃げればすむようになっていますので
メンバーの環境もとりあえず事故対策されたような気がします。

そして会場の雰囲気は以前となにもかわらない握手会の
雰囲気でした。

戸賀崎氏がAKBのとりあえずやってみる精神を重視
して、とりあえず走り出させた新生握手会。

私は行きませんが大丈夫なんじゃないかと
思いました。

コメントは受け付けていません。