2014.04.06AKB48 さいたまスーパーアリーナ リクエストアワー セットリスト2014 アリーナ観戦した際に感じた良い部分と悪い部分と改善方法の提示

標準

AKB48 さいたまスーパーアリーナ
リクエストアワー セットリスト2014

アリーナで観覧した際にわかった良いところと悪いところと、
AKSに対する改善要望内容について記載させていただきます。

様々な場所にいるメンバーの顔認識度について。

20140406ssa_edit

赤が私の席です。

1.認識不可能。モニターの方が快適
2.認識不可能。モニターの方が快適
3.認識可能。モニターより快適。劇場最後列と同じ感覚
4.認識可能。モニターより快適。劇場中列と同じ感覚
5.認識不可能。モニターの方が快適

ここがやっかいでして、、

ここに現れる時は事前に導線がなくいきなり現れます
からスポットライトが当たるとまず後方を向きます。

ほとんどは絶対スタンド側を向いていて曲の最後まで
背中を向けているのですが、曲によって前を向く曲
もあるので少し待ってます。

全然前を向かない場合、
モニターで確認しようとすると
字幕スーパーが速いので表示が終わっていて確認できず。

前を向く場合、
確認できそうでできない程よい遠さwなのでモニターか
リアルか迷っていると曲が終了しちゃってました。

6.認識不可能。モニターの方が快適
7.暗いが推しなら認識可能。モニターの方が快適
8.認識不可能。モニターの方が快適
9.暗いが推しなら認識可能。モニターの方が快適

他に複合バージョンの場合。

近いことによる弊害。

いろんなところにばらけて同時に現れたりする場合。
だれがどこにいるか確認したいんだけど、
平地なので周りのお客さんが気になってできないから
結局推しは関係なく近くのメンバーを観るしかなくなる。。

例えばフォーチュンクッキーの場合花道にずらっと並ぶ
んですが、メンバーがメンバーの壁となってしまって
結局近くのメンバーしか観れなくなってしまいます。

推しが3で4にも他メンがいる場合、
私が3を向いてるのが4のメンにわかってしまう
ので、おおっぴらに3を向いてオンリーでは向けない。

スタンドとアリーナでかわらないところ。

アリーナにおけるコールやその他掛け声や文字を書いたものを見せ付けたり
する行為の有効性については、AKBGのメンバーは一切特別扱いがなく、
個別に反応をしませんでしたので、それは素晴らしかったです。

でも私はそれがなかったことで今後大きな声をかけることは無意味だから
やめようと思いました。

AKBGに対する要求

360度、どの方向にも平等に楽しませるのは非常に難しいことです。
AKBGはまだ180度の客を楽しませる方法しか身に着けていないです。

360度全方向の客を楽しませる為の方法について良い例があります。

2012年のももいろクローバーZの横浜アリーナライブの2日目です。

180度対応だったダンスの振り付けを全て360度対応に作り直して
挑んで成功させたももクロの血と汗と涙の結晶とも言えるライブでした。

私は今回、もうAKBGの大会場のライブには行きたくない
と思いたくなることがありました。

数曲、全員に背中を向けられたまま曲を披露させられたこと。
数曲、演出の悪さで演者が誰なのか知らないまま観覧させられたこと。

AKSにはこれらの問題を早急に改善していただいた上で、

AKBGは人数が多く他の仕事があって劇場出演
不可能なメンバーが多いので、これと同様のこと
ができるとは到底思いませんが、
前述のももクロさんのイメージに近づけていく努力はして欲しい
と思います。

それか中途半端な360度対応は諦めてメインステージと花道
のみにするか。

AKBGはテレビでは強いけどステージイベントの演出力は
まだまだですからね。さらなる努力をお願いしますよ。

コメントは受け付けていません。