AKBG組閣祭りの真実、核心について、真実はスタッフ陣による熱いAKBG愛に基づく素晴らしい企画なのに、スタッフ以外の人間全てがバカな為に額面通り理解されなかったのが残念で可哀想だった。

標準

組閣で一番大変なのはスタッフたちだと思う。

移籍したら出演料の権利変更、印刷物やグッズの刷新、
学生の場合は転校についてのサポート、
住居の確保、公的な書類の変更と届出、

他にメンバーに対するメンタル面のサポート。

現状維持ならほとんどやらなくても良い、運営に関係ない
猥雑なこれらの雑用をやらないといけないわけですよ。

そこまでして決定したわけだから、
生半可な決定ではなかったわけですよ。

メンバーを思っての決定だった訳ですよ。

自分から決めた人、
以前から移籍したいと言っていた人、
突然言われた人。

いろんな状態の組閣対象メンバーがいました。

組閣祭りの現場で、
AKBのため全力で寝る暇を考えずに仕事をこなし、
土日には12時間以上握手会を行い、
AKB人生を駆け抜けてきた大島優子が、
おもしろい、チャンスだからなんでもやろうと
言っていた。

普段はめったにかみつかないが、スタッフ陣が
あまりにも目に余る行動をした時にだけかみつく
仏のような大島優子が

メンバーを不安がらせないようにきを配り
必死に全てをポジティブにとらえ、
あかるくふるまって笑顔で言葉を投げかけていた。

大島優子だけがスタッフもメンバーも全員大変
だということを理解していたように思われる。

他のメンバーはスタッフは悪で、メンバーは被害者
と捉え、怪獣ショーで応援している子供のように
幼稚な洞察力で組閣祭りを批判していた。

なにもやらなかったら結局露頭に迷うのはAKBGのメンバーですよ。

スタッフクラスには他の仕事があるからAKBGが潰れても
メンバーほど被害にあわないんですよね。

AKBGのメンバーもヲタ達もいい加減にしろよ。

この辺ももクロさんたちは教育が良いから絶対文句言わない
で従うからすごいよな。

AKBGはまだまだ自分たちがどういう状況で仕事を
させてもらっているのか全然わかってない。

これからさらに厳しい場面に出くわします。

組閣祭りでいちいち文句言っていたら、そんな状況を
乗り越えることが出来ず、AKBGの船はきっと沈んで
しまうでしょう。

このままではメンバーが気の毒なので消える前に
メンバーに対する社会教育を徹底する必要が
あると思いますね。

AKBGの中では比較的業界を把握している
と見られていた指原氏まで組閣祭りにクレームを入れていたようなので、
この教育の問題は思っているより深刻だと感じます。

秋元さん以下、幹部スタッフの皆様、
早急に業界の基礎教育の対処
よろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。