2013.11.19 ロンドンハーツ3時間SP 有吉先生のマジ進路相談 島田と市川は同時期の有吉より面白いだろう。

標準

まず、野呂さんは今回笑いが欲しい時に振ってもらって、
トロサーモンの久保田さんとセットのネタと、
さらに個人でも安定して笑いを返していたので
すばらしかったですね。
ただ自分が意識してないいじられての笑いだった
ところに不安な部分が残りましたが。

あとは的確な返しでないと有吉先輩に
怒られてましたが、指原推しの私にとって
は非常に怖かったですね。
指原氏もAKB辞めて竜平会入ったら
同じく笑いに厳しく教育されていく
のですからね。
でも野呂さんは全て受け入れていけば
スキルが備わっていくと思いますから、
未来は明るいと思います。

あと波多陽区さんは、ギター侍ネタの性質は
自虐ネタに向いているので、つらければつらいほど
面白くなると思うので、腐らずにネタを武器に
してやっていけばいいんじゃないかと思います。
トークできる必要はないかと思います。ネタをがんばれ。

グラドルについては、想像の範囲内ですね。
有吉さんも言ってましたが。
あと、有吉さんはなにもこいつら目標がないと叩いていましたが、
盲点ですが、
まず同じグラドルでも頭が良い人、既に策をたてて次に向かっている人は相談に来ない
と思います。
人気がない、仕事が減っている、策もたててないっていう
ひとだからこの番組に呼ばれたんだと思います。
でも今回明確に有吉さんが目標をもった人を番組に希望していたので、
次からは加地さん以下ディレクター陣はスタッフィングを考え直すと思いますね。

で最後にAKBの市川、島田さん。

これはもう私は心配無用だと思いました。

だって、二人と同世代のときの有吉さんより
面白いし、活躍してるし、努力してますもんね。
20代前半のときの有吉さんはクソ面白くなかった
ですもんね。

有吉さんは芸人と同じ匂いを感じたメンバーには
厳しくするんですが、島田晴香同様、
20歳の指原氏には厳しいですが、それは自分のような
辛い経験をさせたくないからでしょうね。。

猿岩石という、自分がやりたいお笑い像とは違う
時間を数年過ごしてしまった。
どん底の時代の唯一の仕事で、有吉自身今もおかげで
内村さんには頭が上がらなくなったという内村プロデュース
という番組で
「過去の栄光にしがみついている
有吉から過去を忘れさせて前へ踏み出させてやろう」という
企画があり、そこで猿岩石のポスターとかを壁からはがして
燃やしたりするシーンがあるんですが、そこでは今では
考えられない、それを笑いもせず本気でいやがっている姿
が映っています。
結局は全て捨てて過去を清算したことになっているんですが、

それを有吉さんも知ってるし、有吉さんがいつも言っているけど、
「天下のAKBがバックに付いている」から、
あまり本気でやりませんでしたね。

ただ有吉AKBで市川と島田はお世話になっているから、
成功している天下のAKBの小さい悩みなりに
真摯に応対したんだと思います。

で、
島田「何をすればよいんですか!!」

有吉「何をすればよいかっていうと」

この答えはAKBにいうとファンに叩かれる
からめんどくさいんで寸止めしましたねw

指原や野呂さんなら思っていることをストレートに
言ったと思いますが島田のファンは指原のファンと
違うと判断したんでしょう。
私からしたら同じだと思うんですがw、ここら辺、島田は有吉さんの
目にはまだかわいいアイドルに映っているのかと思うと、
興味深いですねww

最後に、波多陽区の放送禁止ネタですが、
たぶん
「妊娠」
じゃないかと思います。

もしメンバーが妊娠したらほんとに終わりでしょうねw

コメントは受け付けていません。