2013.11.10 AKB48グループ ドラフト会議 選択されなかった人と選択された人へ贈る言葉。

標準

例1

例えば、8時の飛行機に搭乗予定だったが、
遅刻して搭乗出来なかった。

数分後、その旅客機がハイジャックされた。

遅刻したから助かった例である。

例2

ジャニーズ事務所は、主に社長のジャニーさんが
若手のスタッフィングを決めている。

嵐の大野さんはV6の初期に社長からバレーボールできるか
と聞かれてできないと答えた。
岡田さんはできると即答した。
冬、バレーボールのワールドカップのイメキャラとしてV6はデビューしました。

デビューしたくなかった大野さんは、嵐の結成の際、
バレーボールやラップが出来るか質問され、
出来ないと答えたが嵐にされたそうですw

例3

ASAYANでケミストリーというユニットのオーディション
がありました。
現在活動休止しています。
また、EXILEというプロジェクトもあります。
こちらは、なんとそのケミストリーオーディション落選者
が多数所属しており、現況を鑑みれば、
落選者のほうが勝ち組だったことがわかるでしょう。

例4

同じくASAYANという番組でつんくプロデュースの
アーチストオーディションがありました。
平家みちよさんが選考に残りました。
モーニング娘。というグループもいます。
こちらはなんとその前出のオーディション落選者
で構成されてデビューしました。
どちらが勝ち組だったのかわかりますよね。


こういう例はごまんとあります。

高橋みなみさんがドラフト会議終了時、言いました。

「これが全てなどとは絶対思わないで下さい。
方法はいくらでもあります。あくまでその一つがAKB
という入り口だということです。」

AKBGの所属メンバー全員が成功している訳ではありません。

社会主義国以外の国ならば、

逆にAKB以外という無限の可能性が開かれた訳です。

もしかしたら、、
あなたがAKBブームが去った後の救世主になっているかもしれません。

見ている人は見ています。

欲望のおもむくままデビューの入り口の門を
叩きまくって下さい。
自分を信じて自己練磨も忘れないで下さい。

自然とあなたの道が開かれていくことでしょう。

成功をお祈りしております。

コメントは受け付けていません。