峯岸みなみはAKB劇場がぬるま湯だと言ったが、ぬるま湯がAKB48劇場の良いところなのじゃないだろうか。

標準

10月13日 パジャマドライブ公演

今日の東京・秋葉原はすごしやすいお天気。
ですがAKB48劇場は変わらず熱い空間でした。

そんな本日は“みいちゃん”こと峯岸みなみを切り撮りです。

Q.この夏、初めて経験したAKB48劇場以外での出張公演。どうだった?

A.私にとって初めての出張公演、名古屋のSKE48劇場のステージに
立たせていただきました。
普段立っているAKB48劇場は、AKB48の事が好きで見に来てくれる
ファンの方たちが大半。
それがやっぱりぬるま湯だったのだとすごく感じました。
SKE48のファンの方々の愛と団結力がすごいのは以前から知っていたし、
ドームコンサートでも見せつけられました。
今回の出張公演、AKB48の研究生がどんなものだろうという品定め的な
目で見られる事も想定してい臨みました。
始まる前は自分も含め、みんなガチガチの緊張で、正直すごく怖かったです。
でも公演を終えて、ファンのみなさんからも、見学してくれていた
15期の子たちからも、スタッフさんたちからもとてもよかったと言ってもらえました。
結果的に極限状態から絞り出した120%全力の今までで
最高のパフォーマンスができたのだと思います。
その後、あの公演にはいまだに追いつくことができていないのが悔しいのですが、
自分たちの思っていた以上の限界を知ることができたので、
以前は漠然としていた目標が明確になったので、とても良い経験をさせて
もらったととても感謝しています。

AKBはAKB劇場で毎日公演を行います。

一日だけの仕事ではなく、数ヶ月にわたり
続けていく必要のある仕事です。

作者の秋元康もそういう想定のもと、作品を構成しています。

劇場公演はそういう性質の仕事ですから、100パーセントでやらないと、
それはベストな内容だと言えません。

SKE劇場で行った120パーセントの公演は
AKB劇場で毎日行っている本来のパジャマドライブ
ではないと言えるでしょう。

峯岸さん。

AKB48劇場は紅白歌合戦ではありません。

笑っていいともです。

だからタモリさんと同様、毎日まじめに
なるべく同じクオリティを保ちつつ、
公演を行って下さい。

120パーセントでやると翌日はその影響で80パーセントになります。
必要なのは毎回90パーセント以上を保つこと。

おわかりですか?

90から100パーセントが必要であり、
120パーセントはいらないのです。

コメントは受け付けていません。