2013.11.2 初日はAKB研究生に遥かにおよんでいませんがまだまだこれからです。HKT48ひまわり組パジャマドライブ初日。

標準

指原さんが15歳、多田さんが13歳の時にやっていたパジャマドライブ。

20131102HKThimawarigumi

先日の白黒つけようじゃないかの武道館のHKT公演でもパジャマドライブ
曲が多かったし、なんといっても、博多レジェンド公演は
パジャマドライブを基本に構成されたリミックスバージョンでした。

ここまで書けば、もうおわかりかと思いますが、
指原さんが自分のこれまでのAKBG人生の中で、
非常に思い入れがある公演がパジャマドライブ
で、
白黒のときやTIF2013の時指原さんが言っていたように、
イベントの曲の構成は指原さんを基本にその場にあった
ものをみんなで考えていると言っているので、
たぶん、
今回やることになった経緯も指原支配人が強く関係
しているんだと思いますね。

やりとりの経緯としては
秋元
「HKTも新公演やるぞ!」

「いつも延期になるけどほんとにできるんですか??うぷぷ」
秋元
「まあ、現場からの要望が多いしがんばってみるよ」

「もし無理な場合はAKB研究生のパジャマドライブを
引き続きやらせてほしいんですけどいいですか?」
秋元
「いいよ。指原の好きなのを自由に選んでやってくれよ。」
て感じで決まったんじゃないかと思いますね。

初日

出演:
1期生:穴井千尋、兒玉遥、松岡菜摘、宮脇咲良、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか
2期生:秋吉優花、宇井真白、岡本尚子、田島芽瑠、谷真理佳、朝長美桜、渕上舞
移籍組:多田愛佳、指原莉乃
3期生全員:荒巻美咲、栗原紗英、坂本愛玲菜、田中美久、筒井莉子、外薗葉月、矢吹奈子、山内祐奈、山下エミリー

M01 初日
M02 必殺テレポート
M03 ご機嫌ななめなマーメード
M04 2人乗りの自転車
自己紹介(1列目左より)
秋吉優花、多田愛佳、田島芽瑠、朝長美桜、指原莉乃
渕上舞、本村碧唯、宮脇咲良、兒玉遥、穴井千尋、谷真理佳
宇井真白、森保まどか、松岡菜摘、村重杏奈、岡本尚子

M05 天使のしっぽ(秋吉、多田、朝長)
M06 パジャマドライブ(谷、宮脇、本村)
M07 純情主義(渕上、兒玉、穴井)BD:栗原、田中、外薗、矢吹、山内、山下
M08 てもでもの涙(松岡、森保)
M09 鏡の中のジャンヌ・ダルク(指原、田島、村重、宇井、岡本)
—— MC ——
M10 Two years later
M11 命の使い道
M12 キスして損しちゃった
—— MC ——(多田、谷、宇井、本村、兒玉、岡本、村重、秋吉、松岡)
M13 僕の桜
—— アンコール ——
3期生9人がダンスのあと1人ずつ自己紹介
E1 よっしゃーHKT!
E2 水夫は嵐に夢を見る
—— MC ——
E3 白いシャツ

を観た感じでは、先日AKB48研究生(現チーム4)
の千秋楽を観て来た限りでは、2008年のAKBオリジナル
どころか、研究生公演と比較しても雲泥の差があるなと感じました。

具体的には、
メンバー間の心が通じ合っているような感覚と
それがなせるアドリブの場面や複数メンバーで
構成された振り付けや演出の自然な感じとシンクロ感、
そしてだれをみてもなんでこんなにがんばっているんだっていう
がむしゃらさ。。
それらが足りないと思いました。

それは数ヶ月前の研究生公演も同様で、
高島さんがメンバー間で喧嘩やトラブルがあったが乗り越えて
落ち着いたのが千秋楽の数ヶ月前だったと言っていた
ので、HKT48ひまわり組もいろいろ各自意見を出し合いながら
演出を考えて田島さんが言うようにHKTらしいパジャマドライブ
を創り上げていってほしいと思います。

唯一、HKTが一番だと感じたのはMCコーナーでしたw
これはパジャマドライブだからってわけじゃないですがねw

めったに公演に出演できないため
よほどうっぷんがたまっていたのか、
いつも話を転がす役なのに、珍しく今回は
指原氏が自ら指原御殿だからと言ってトークを
仕切っているのを観てこの公演に対するやるきを感じました。

公演ミニ情報:

指原さんの唯一の親友w峯岸さんのポジションに
指原さんがいることにほろっとしました。

指原
「デビューが(鏡の中のジャンヌダルクの)
バックダンサーだったんだ。」

指原
「支配人だからHKTのオンデマンド公演は観てるよ」

あとぐぐたすネタが多かったので、あまり頻繁に投稿
しないけど見る事は見ているみたいですね。

パジャマドライブは名前を叫ぶんですが、今回は
青木さ~んでしたw
このサイト見るくらいの人はご存知ですが光文社の
青木さんですね。
差し入れをたくさんしてくれたからとのことです。

ワッショイBはよっしゃーHKTというタイトルになり、
「HKTレッツゴー」じゃなくて「HKTよっしゃー」
ていうHKTオリジナルです。
案は若田部。
植木案はひゃっほー
村重案はぐいぐいHKT
でしたww

チームAも新しくなったところなので、
児玉は大変だったとのこと。

多田はHKTは
ちょっと自分が所属していた
初期チームBらしいところがあると思った。

今回メンバーは
レッスンの場面を録画した振り付けVTR
というメンバー用のものを観て覚えるんですが
それをyoutubeで限定公開中です。
私は急いで落としました。

あと初日はオリジナル重視でHKTのせり出し
ステージはあまり使わなかったんですが、今後の
発展が楽しみですね。

コメントは受け付けていません。