HKT48 メロンジュース PVロケやプロモーション用記事まとめ 僕的にはももクロのChaimaxx的な存在になりそうな感じですね。

標準

兒玉

「『スキップ!』よりは疲れない。
頭の衝撃は大きいけど、体力の消耗はそんなにない」

これは意外でした。へえーそうなんですか。。

岡本

「あと、膝をつくので膝に青タンができちゃった」

朝長美桜(15)

「ヘッドバンキングに生まれて初めて挑戦しました。
一生懸命、頭を振っているのですが、
まわりからは困っている人にしか見えない、と言われます(笑)
これから皆さんの前で披露するたびにカッコよく
ヘドバンが出来るよう頑張ります!」

松岡菜摘/チームH:

「首がすごく痛くなりました(苦笑)
次の日も左右に振りむくのが精一杯の状態でした。
「メロンジュース」のおかげで、首に筋肉がつきそうで嬉しいです!
後ろでは生演奏もして頂いて、
「今私達かっこいい!」
と自ら酔いしれてしまうほど素敵な環境でした(笑)」


・当選したファン1000人がエキストラで参加

・撮影は7月に横浜Blitzで行われた。

・MVのテーマは「激しく!パンクに!」

・見せ場は「ヘッドバンキング」
初めて「ヘッドバンキング」という音楽用語を聞いたメンバーも、
指導を受けながら見よう見まねで、髪の毛を激しく振り見出し、
頭を振り続けた。

・サビでモッシュ&ダイブが起こったので驚くメンバーがいた

・指原莉乃(20)は最前列の観客とハイタッチした

・指原はペットボトルの水を口に含んで吹きかけようとするも
最初はなかなか飛ばなかったが、
首を振り、勢いをつけてやっと成功して、
OKが出るとガッツポーズした

・振りの中で象徴的な手のポーズは、メロンジュースのストローをイメージ。
ひとつのグラスに2本のストローがささっていて、
「二人で一緒にメロンジュースを飲みたい!」
という意味が込められた。

・監督は映像ディレクターの土屋隆俊氏

・振り付けは竹中夏海が担当。
テーマは「激しく!パンクに!」

全員がジューサーの中でかき回され最後にメロンジュースになる、
というイメージで作られた。

・CDジャケットの撮影者の青山裕企氏はフォトブック「さしこ」の撮影者

というわけで、特徴のあるところをピックアップして
ファイリングしました。


最後に本物のパンクを知る私からコメント

宮脇咲良(チームH) 「集まっていただいたファンのみなさんのおかげで
とてもパンクロックなMVになってます!!」

咲良ちゃん。

集まっていただいたとか、
ファンのみなさんとか、
観客にありがとうなんて言ってるうちは
そんなのパンクじゃないよw

「このクソロリコン野郎共が!」くらい
言わないとねえ。

しったかぶりになっちゃだめよん。

まあ少なくともSEXPISTOLSの全映像をコンプして、
ライブ中観客をベースでぶん殴ってからねw

コメントは受け付けていません。