遂にAKBGのJKTでももクロのうりゃおいが連呼される時代に突入しました。

標準

JKTがパジャマドライブという初期のAKB
が劇場公演で使っていた舞台の演目をDVD
でリリースしているんですが、まだアイドル自体が
いないインドネシアのヲタはアイドルのヲタク
としての分類しかされておらず、それ以上細分化
するほどヲタ人口もアイドルも少ないので、いろんなアイドル
の応援の方法が混ざってしまっていて、
面白いんですが、

その例として初めて見たのが、
AKBGでの

うりゃおい

です。

それも日本みたくうりゃ側とおい側を分ける
んじゃなくて、一人でうりゃおい
を叫ぶんですねw

ちなみにOvertureのコールはまだ未成熟なのが
功を奏してか、
初期のAKBのもので素晴らしいです。
mixを入れずに、グループ名を煽りコールに
あわせて叫ぶものですね。

話を一人うりゃおいに戻します。

これ実は最近導入されたようなんです。
2月の時点ではふつうにおいおいだったんですね。

これ確実に最近あまり動きがないももクロのファンが
飽きてきてJKTのファンになって持ち込んだんだと思います。

みなさんもいちどご覧になって下さい。

下手したらジャカルタが最先端だったりしてw

コメントは受け付けていません。