AKB48の指原センター曲~恋するフォーチュンクッキー~が音頭だという情報は嘘じゃなかったと思いますよ。そして製作者側の考えを裏読みしてみます。

標準

恋するフォーチュンクッキー」(8月21日発売)

ということですが、PV撮影後のメンバーのコメントで

「昔の巨大なクラブのダンス音楽」

と言っていた通り、マイケルフォーチュナティのGIME ME UP系の
音楽ってことなんで、日本語訳すれば、音頭系と言っていいん
じゃないかと思います。

私はこの時代は本当にはまってましたね。

ザッツ・ユーロビートっていうオムニバスアルバムの初期の
を聴けば恋するフォーチュンクッキーの想像がつくでしょう。

あとカイリーミノーグも同時期にはやってまして、

この映像のようにセンターに指原さんが立っているのかも知れません。

ちなみにこの曲の他に
(Kylie Minogue, Rick Astley, Bananarama, Steps,
Mel and Kim, Donna Summer, Sinitta, Cliff Richard and Jason Donovan)
なんていう人たちにも関わっており、すべて作詞作曲は
作詞・作曲:Mike Stock / Matt Aitken / Peter Waterman
なんですが、通称STOCK AITKEN WATERMAN
とよばれており、PWLというレーベルから発信されておりました。

音的にはYAMAHAのDXシリーズ全盛期で。
AKAIのサンプラーも全盛期で。
キレのいい音はYAMAHAでパワーが欲しい
時はMOOGやARPやOBERHEIM、シーケンシャルサーキットやKORGで、
シーケンサーはATARIのCUBASEが出始めた感じで、
リズムマシンはROLANDやOBERHEIM DMX、まあでも
スタジオレベルだとフェアライトのシーケンサーで
シンセとフェアライトのサンプリング音源を操り
ミキサー卓に集めて単体エフェクターを通して
って感じだったと思いますね。

この時期、秋元さんはオールナイトフジととんねるず関連で
絶好調で、六本木を豪遊してた時期だと思いますね。
で当然これらの曲を浴びるように聴いていたわけで。

地味な指原さんだから逆に派手にいじったら面白そうだって
感じで決まったんじゃないかって気がしますよね。
究極のいじられタレント指原りの。

みなおかでの貴明さんとの絡みをみてたら
指原さんがだんだん保田さんに見えてきて
仕方なかったんですがw

保田さん大泉さん上島さん、
全て吸収できるものはすべて吸収して
指原というものをつくりあげていって欲しい
と思います。

がんばれ!指原莉乃。

まけるな!指原莉乃。

すすめ!指原莉乃!!!

コメントは受け付けていません。