篠田麻里子さんと板野さんの卒業についての意見と、女性アイドルグループのスタッフ陣がやるべきこと。

標準

AKSが恋愛をOKにしてほしい。

恋愛したら脱退というシステムを排除し、
それは個人の裁量に任せて欲しい。

恋愛して人気が無くなるのも、上がるのも
全て個人責任にしてほしい。

決して恋愛は悪いことではない。

人間の生理的な欲望なので、
自分自身で管理することである。
スタッフが管理することではない。

そして、AKBのメンバーには、
AKBに所属しながら、活動して欲しい
ですね。

なにかやりたい場合には卒業しないと
いけないようなやりかたでは、絶対おニャン子クラブの
二の舞になります。

入れ替わりを繰り返していくうちに、
ファンが付いていくのに疲れてしまって
気づいたらだれもいなくなっていた
なんてことにならないようにしてほしい。

可能ならば、ジャニーズのように、一生看板を背負って
運命共同体として生きていくようなシステムに
昇華して行ってほしい。

そうしないと、日本を代表するような
女性グループは絶対育っていかないと思います。

ももクロさんはそれを目指して活動している
ので素晴らしいと思います。

コメントは受け付けていません。