サラバ、愛しき悲しみたちよ PVの先進性についての解説。これからはももクロが道を創る。

標準

ハロプロが創り上げた良くも悪くもある別撮り顔面アップを
随所にいれるPVが主流になりつつある現在、
ももクロもその影響を跳ね除けることは不可能
だった。

売上に響くのが怖いのだ。

しかし、今回

サラバ、愛しき悲しみたちよ

のPVで、遂にその別撮り別撮り顔面アップの演出
を完全に排除することになった。

宮本監督以下ももクロチームは、以前から
別撮り顔面アップはあまり好きではないのだが、
入れなければ売り上げに響くという強迫観念
に迫られ、ひねりを入れながら別撮り顔面アップ
演出は仕方なく取り入れざるを得なかった。

ChaiMaxxなんかではほんとにわかると思う。

別撮り顔面アップを入れたくないんだが、
まだそんなに売り上げに実績が無い
ももクロチームにはそれを断れる
裁量がない。

でひねりを入れながら別撮り顔面アップ
を入れているという状況が。

しかし、今回、元BOOWYの布袋さん、
ドラマ悪夢ちゃんのタイアップという、
強固な土台と後ろ盾を手に入れたことで、別撮り顔面アップの呪縛から完全に
解き放たれることに成功した。

今回のPVはそれだけでももクロチームにとって、歴史的で、
これからのももクロチームの可能性をさらに
拡大する、大変に価値のあるPVに仕上がったと確信する。

もうももクロチームにハロプロやAKBはいらない。

ももクロが最先端だから、やりたいようにやっていって欲しい。

そう言いたくなるPVだった。

 

この3種類観て、ももクロさん以外に古さを感じずにはいられない。

ももクロに小手先の技術は要らない。

生でダイレクトでそのまま伝えたとき、
ももクロは最大限の威力を発揮する。

これはサラバのハイレゾ化音源です。
圧倒的に20khz以上の高音出力が増幅されています。

コメントは受け付けていません。