ももクロの百田さんが熱烈なファンなこともありももクロとハロプロエッグ&スマイレージがそっくりなことに驚いた。

標準

ももクロの百田さんが炎の七番勝負の書籍版にて
対談した際、切望していたことを明かしたスマイレージ
の和田さんとの対談。

また2010年には小規模ファンクラブ限定ライブにて
数曲カバーしたこともあるスマイレージ。

ももイレージ 夢見るフィフティーン

最近ももち、berryz、Cute。buono、等をももクロさんそっちのけで
観ているんですが、スマイレージってももクロさんの原型かと
思うほど似てますね。

外見、声や空気感が。


ももクロさん (ナタリー 窓も結露!ももクロ新春ライブ「ももクノ60分」熱狂3連戦)

びっくりしました。

このフリフリスカートはスマイレージの生命線で
世界一短いスカートのアイドルを目指している
ので初期から変わっていません。

また色分けもプッチモニ、ゴレンジャー
等がありももクロ独自じゃない。

とすると、Tシャツとフリフリスカート
という組み合わせがももクロおりじなる
っぽい気がします。

ただハロプロの2008以前のライブハウスの映像
が無いんで今のところ確信は持てませんが。

話を戻します。。

しかしももクロさんは2008年デビューでスマイレージは2009年デビューで
ももクロさんが先だと錯覚するんですが、その研究生組織のハロプロエッグ
という組織があり、2007年の公演の模様を収めた動画があるんですが、
もうスターダストのアイドルグループと見間違うくらいにそっくり。

制服、パーカーにホットパンツ、派手なやつは一番先輩だと思います。
制服はジャケットは着用しておらずAKBとは違いラフな感じです。
ベレー帽の人もいますが、これってももクロさん初期の代々木公園
でのスタイルに似ています。。

ちなみにAKBのこのころは制服で統一されていましてももクロさんの
イメージは無いです。

AKBとハロプロが混ざってるのがももクロなのは
まぎれもない事実ですね。。

これなんかモロにココ☆ナツへのアンサーソングです。

こんなんやんなくても、つんくの影響受けていてパクっているのは
前山田氏の方なんですから、独自路線貫けばいいのにと思いますけど、
いろんな面でプレッシャーを感じてるんでしょうかね。

でも本当はももクロさんがいてもいなくてもより人気を高める
努力っていうのはやらないといけないと思うんですけど、
つんく氏はそこらへん怠ってると言わざるを得ないでしょうね。

やっぱりももクロさんは後発だけになりふり構わず
がむしゃらに突き進んできたんですね。

楽曲はつんく独裁路線なので、全部の作品が同じものに
聴こえちゃって、また、質感がモロに机上音楽なチープな感じ
で、電子音を多用していて、またその音質があまり耳触りがよくない
仕上がりになっているので、耳が疲れちゃって一回聴いたらもういいやって感じです。

しかし、ももクロさんも、そんな良いとこばかりじゃ
ないですよ。
パクって成長してきた分、
これからはオリジナリティを出していかないと
飽きられますから、より精進していって欲しい
と思います。

AKBとハロプロの良いとこどりで終わらないように
して下さいね。

貴方たちが新しい道を切り開いていって
下さいね!

ももクロチームの皆様。

ナタリー スマイレージ、ベスト盤発売記念ライブで秋ツアー開催発表

広告

コメントは受け付けていません。