ももクロ 2012.06.17 NHKホール大会 現場の空気のレポート。セットリストはナタリーさんで。

標準

開演前

午前中到着し、パンフレットを購入。

Chanグッズとパンフレットは会場入り口で併売。

Chanグッズも並びは数十人でした。
パンフレットも並びはなくすぐ購入できました。
チケットの有無は関係なかったです。

PARCOではグッズ販売をやっていて、
十分午後でもすぐ購入可能でした。

この日は暑くて27度くらいに温度が上がっていました。

会場前で仲間としばし歓談。

ちなみにこの歓談していた場所を10時ごろ高城さんが自転車で
通ったみたいです。

開場

16:30開場で、並びました。

開演

で今回は比較的前の席でした。

15分前くらいに山里氏がブーイングを浴びながら
登場!
すぐ川上さんも登場。
左側のMCブースに陣取りました。

テレビ放送は17:20分だったんですが、
みんながまだNHKホールってことと
中継ってことで緊張している様子だったのと、
もう舞台そでにももクロさんがいると
感じているため今日もよろしくお願いします
という心の叫びを一発入れました。

みんながいつものみんなになって
あったかくなってきました。

声はももクロさんも嬉しいと常々感謝している
ので、できたらかけたいところです。

例えば、杏果さんなんかwordsの最初の部分が大好きで、
理由は自分の名前を呼ばれるからだと言っていますしね。

今回変わったと思ったのは、NARASAKIさん作品が
序盤で連投されたことです。

03. ピンキージョーンズ
04. CONTRADICTION
05. DNA狂詩曲
06. BIONIC CHERRY
07. LOST CHILD

NARASAKI中毒の私はもう歓喜しました。

それは、ももクロチームの意識の中ではNARASAKIさん
の作品がいまだに重要なポジションを占めていることが
わかったからです。

労働讃歌はなかったですね。

あれはメッセージ性が強いからアーチスティックな
今回の色には合わなかったのかも知れないですね。

で次々と演目が進んでいき、みんな全力で応援して
ももクロさんも応えていく中、ももクロさんがはけて
乙女戦争のVTRのみが流れるNHKホール。

みんなは応援してましたが、私はここは自問自答
してVTRに応援はできませんでしたので休んで
いました。

そしたら2階席と3階席の映像が映し出されそこに
ももクロさんの姿が。

1階の客はみんな後ろを向きましたが、ももクロさんは出入口
近くにいるので、1階からは確認がまったくできません。

で舞台には2階3階にいるももクロさんを映し出す映像が
流れています。

みんなどっち向いたらいいのかわからなくなっていて
少し1階は冷めてしまっていました。

そんななか、2曲目も始まったんですが、こんどは佐々木さん
のソロでみんなが見える場所でやってくれたんで、
立ち直ったかに見えたんですが、3曲目はまた同じ感じで
2,3階の見えないとこに行ってしまいました。

ここで、佐々木演出がさすがだと思ったのは、1曲目に
舞台にだれもいなくなってしまいおいてけぼりにされたことで
客が冷めてしまったので、次の2,3階への移動時には舞台上に
他の4人を戻したことです。

これでみんな舞台を見て全員が一体になって盛り上がり
直すことができました。

ここら辺は修正していくと思いますので、地方公演
に行かれる方は経過報告お願いします。

MCコーナーは、24時間テレビの空気を引きずっていたからか、
今のリアルなももクロさんなのかわかりませんが、
百田さんがメレンゲの仕事で着々とMCスキルを上げて
いってるのもあり百田さんがお題をリードしていき、
佐々木さんがボケて、有安さんがまじめコメントで盛り上げ、
高城さんが変化を加え、玉井さんは百田さんの相方役
として百田さんのサポートをして、とそんな感じがしました。

しかし高城さんがここ最近自分で今年から違うと宣言して
いた通り、化けてきているのに驚きました。

アンコール1

でアンコールもあり、最初のアンコールの後、
清野さんが舞台に出てきて、2,3階から舞台に来る
スピードが一番速かった百田さんを表彰し、客
をぽかーんとさせました。

しかし会場のスタッフに終わるような前触れを感じません
でしたので、誰かがいかなければ行こうかと思っていたら、
誰かがダブルアンコールをぶっこんでくれました。

この日のアンコールはいつもより長めでした。
理由は分かりません。

アンコール2

ダブルアンコールは、極楽門の時と同様に、会場と時間の
関係でこれ以上演奏することができませんと百田さん
が説明。

いろいろなにやろうかなあって話し合っているうちに、
じゃアカペラでなにかやりましょうかとなる。

お客さんにリクエストを聞くも、たくさん声が多すぎて
選べないとなる。

私はあの空に向かってと言いたかったが、既にのどが
やられていて、声が出なくて伝わらなかった。。

結局、自分たちで選び、スターダストセレナーデ
をプレゼントしてくれました。

帰宅

自宅に帰り、録画したHDと3Dのライブ映像をチェック。
3Dはまあまあで面白いねって感じですが、平面の板が
前後に移動するような感じで、立体のように見えて
立体じゃないんで、生まれたての小牛のように
見ていてやりきれなくなってきちゃって疲れます。

だったらもう最初から平面ですが解像度高いですよ
って宣言しているHDのほうが疲れないですよね。

雑感

会場は空調が効いていて、蒸し暑さは感じませんでした。
しかし、熱気は

2011年10月9日(日)東京都 ベルサール秋葉原
ももいろクローバーZ「独占!ももクノ60分 vol.1」

2012年3月7日(水)東京都 赤坂BLITZ

程度はあった感じします。

それは、終演後仲間と数時間歓談後に帰宅したんですが、
それでもなお衣服がびしょ濡れでくっついてしまっていて
脱ぐのに苦労しましたからね。
そうとうだったんじゃないかと思います。

お客さんの心を込めた応援を肌で感じながら、最期まで
楽しむことができました。

今回はお客さんが素晴らしかった。

みなさんこのたびはありがとうございました!!!

広告