拝啓、スターダストさんへ。ももクロさんとキングの宮本氏、相対性理論やくしまるさんと前山田さんとNARASAKIさんと傾向と対策

標準

相対性理論

以前youtubeでみたり、いろんな人が推している
のをみて、好きになろうと思ったが、椎名林檎とか
東京事変といった目先で軽くドラムギターベース
ヴォーカルという編成とか、オーソドックスな
コード進行を意識して使わないようにして、
作品を作り、それが新しいと考えて、受け入れられな
けりゃおまえらが遅れているという真逆の勘違い
をなさっているような人たちの音楽は

、結局、新しいことをしようと意識しすぎているあまり、
自分の本当にやりたい作りたいイメージを無視
して、敵対心丸出しのナイフが丸出しになっている
だけだから、こちらも壁を作ってしまうことになり、
あまり心に響かないんですよね。

NARASAKIさんはメインのプロジェクトを基本
にしながら、ももクロさん向けには、特別に
音圧や到達する最高地点は維持しながらも、
自分のセンスをももクロさん向けに明るく
分かりやすくコンバートして名曲を生み出して
くれています。
ちなみに以前にも言ったんですが、私は
NARASAKIさんのももクロさん関連の作品
が一番で、他のものは全部聴いたわけじゃない
ですが、あまり深入りできずにいます。
NARASAKIさんがももクロをイメージして
作った作品が一番好きです。

前山田さんはやはり良くも悪くも
音が軽くて、リズムが同じ、ビートが
同じで、それだったら他につんくさんや
小室さんやいるので、特に前山田さん
だからっていうものが無い、また、他の人
でも作れるようなものだから、
一番はもっと個性が欲しいっていう
ところですね。

いつも同じことですが、社会と自分の関係性
を意識する前に、自分自身をもういちど
見つめなおして、新しさやかっこよさは2の次
にして、素直にそれを作品にしていく
ことから始めて、外に意識を徐々に向けていく
ことが必要だと思います。

まだやくしまるさんも前山田さんも数年しか
経過してないんで、まあ尖ってるのは仕方ない
ですよね。

ただ実力ないのに、基礎体力ないのに尖っている
からそれが伝わってしまって、さらに私の許容範囲内に
収まっちゃっているので、物足りなさとしてわたしを
がっかりさせることになっているんですよね。

なんか病人を介抱しているけど、その病人は
こちらにケンカを売っているというなんかめんどくさい
状況になっちゃう。

最後にキングレコードの宮本さん。
ようやくわかった。

ググるとこういう発言があったが

宮本, 「平均年齢が16.3歳でスターチャイルドのアーティストでは
ダントツに若いユニットです。 pRythmeという名前ですが、 」以下略

簡単なことだった。
キングレコードのえらいさんだから、キングレコードの
アーチストを推す、採用する、起用する、有名になるきっかけを
与えるのは当然なんですよね。。
それが仕事だし任務なんです。

すいませんでした。

ファンはキングレコードという派遣会社から次々と
派遣されてくる人を受け入れるしかないわけです。
現場は手出しできないんです。
派遣も指導は派遣会社が行う決まりがありますからね。

まあだからやはりNARASAKIさんは単に派遣社員の一人
として派遣されただけで、正社員ではないんです。
前山田さんも同じ。

ももクロさんがキングにいる限りは、キングのそれもアニメ
系のスターチャイルドというレーベルのアーチスト全体で、
ももクロさんが支えられるような構造になるということです。

そう考えると全てスッキリしましたよね。

そういうことなんですよね。

これからも、キングにいる限り、
どんどんももクロさんを通して
同レーベルのアーチスト紹介、売り込み
が行われる訳です。

しかし、レコード会社は一切関係なく、ももクロさん自体が大好きな人が、
スターチャイルドのオムニバスアルバム聴かされているのに、
これみんなほんとにファンの人は全部の作品好きなんですか?
嘘でしょ?逆に信じられないよ。

現在のももクロさんを取り巻く音楽活動の
状況把握ができたことで、

これつらいなあ。。
将来的につらいなあ。。

自由なももクロさんに、キングレコードが蓋を
しめて窒息状態になってしまった。

ももクロさんに大変よろしくない。
夏菜子さんに奔放さを求め静岡に帰らせたり、
学校にきちんと通学させ社会の一人としての
感覚を身につけさせたり、
ももクロChanで、敦規さんやさちひろさんが
自由に演出を任せたり、
そういうスターダストやFDW陣営が行ってきた
ことが音楽活動には一切シンクロされない
ことになってしまう。

スターダストの方、
FDWの方々、

移籍して下さい。

もっとももクロさんらしく自由に活動可能な
環境に変えてやって下さい。

ももクロさん以外の要因で嫌いになりたくない、
ハマり度合を下げたくないんです。

真面目に再考下さい。

後日談:

川上マネに

「こんなこと(ライブ会場限定CDのこと)
に付き合ってくれるのはキング以外にない。素晴らしい会社です。」

と、2012年の横浜アリーナ公演の際のtwitterでここをみて
言ったかのようなコメントを言われてしまいました。。

2016.02追記:

私の意見とかではなく、宮本さんは真剣にそこらへんのこと考えて
いたみたく、今月発売される3rd、4thアルバムは
癒着っぽいものは感じられなくなりビジネスではなく作品優位で
健全になっているようで安心しました。
でもバラバラ過ぎてもエビ中みたくとっちらかるのでサッカーのように
レギュラーはある程度固定して入れ替えする感じが理想だと思います。
3rdと4thはまさにそんな感じになっているので素晴らしいと思います。

広告

コメントは受け付けていません。