リンカーンやキカナイトで展開している、設楽上から目線企画はもう終了させてやれよ。設楽本人が可哀想だからさ。

標準

今日2011.12.6のキカナイトの企画
シタランドという設楽持ち込みの
設楽上から目線企画で
今回はなぞなぞをボケ無しで普通に
やって最後バツがパンチパーマ
という企画だったんですが、一言
焼き直しの過去ネタの組み直し
企画でどこも面白くありませんでした。

まず設楽の上から目線企画はさまぁ〜ずの深夜番組の
インスタント女王様
という看板企画から発生しました。

ここではさまぁ〜ずも上から目線の
企画はさすがに面白かったんですが
この番組が終了し、行き場を失って
いたところ、作家がリンカーンに持ち出して
100ミニッツという企画で焼き直しました。

この時、設楽と有吉が起用されました。

最初の回は単に100秒以内でゲームを遂行不可なら罰ゲームという内容のわかりやすさと合間って面白かったんですが、
2回目からなんのヒネリもなく設楽の
キャラクターとアドリブに頼って
作ってしまったので設楽のキャラに飽きて、企画内容にも新鮮さが失くなり、
面白くなくなっていきました。

でこれを今度はインスタント女王様
の時のプロデューサーだった飯沼氏
が、パクられてたまるかと言わんばかりに
キカナイトで投入してきました。

今日それを観たんですが、どこに
問題があるのかというと、もう単純
に設楽さんと上から目線キャラの
組み合わせで他メンバーをいじめるという
コンセプトが疲弊しなにも感じなく
なってしまったということだと思います。

古くはとんねるずの生ダラのボーリング大会で石橋氏が創り上げた対決
して自分以外に自分に対して土下座させるコンセプト。

よくもここまで持ち堪えたもんですよ。

今日のキカナイトのパンチパーマって
いう罰ゲームも飯沼プロデューサーが
さまぁ〜ずの番組で創り出したもの
なんで、知ってる人にとってはもう
手抜き感満載で観てられずに途中で
削除しましたよ。

ロンドンハーツの有吉さんみたいに
視聴者をバカにしないで、常に視聴者
の逆をとってやろうっていう気構えを
もって、松本さんのようにもっと真剣にお笑いに取り組んでもらえれば、
明るい明日が見えてくる確率は高く
なると思うので、決して手を抜かないで
精進して行って欲しいと思います。

コメントは受け付けていません。