品川区政による一本橋通り破壊プロジェクトが完了し、悲惨な状態に。 2010年11月29日 

標準

最近、品川区大井2丁目と1丁目の間にある一本橋商店街、
一本橋通りの工事がせわしなくなってきました。

ここ10数年、一本橋商店街の店舗を強制移動させ、
瀕死の状態にして、ほったらかしにし、
大企業優先で高齢者対策を削除し、箱ものを多数作り、
濱野氏の地元大崎への無駄な投資等を優先し、
旧来の住民より新規住民対策を優先した高橋、濱野政権。

一本橋は商店街で再生する計画をたてているが、
ほんとかと疑いたくなる。

最近、ヨシ門(東京都品川区大井1丁目32-18)という
20年近くやっていたうなぎやさんが、
ガマンの限界にきて閉店した。

跡に居酒屋さんが入った。

昔からお世話になっている鶏肉屋さん、
登利源なんかは削られて敷地が半分になっても、
根性で営業している。

あと残っているのは鮨長というすし屋、
立会川手前の腕が確かな魚や、甘味堂というお菓子屋、
その手前に腕が良い八百屋があったが焼肉屋になってしまった。

肉や、だんご屋、化粧品や、銭湯、焼き鳥がうまい居酒屋、
乾物屋、八百屋、魚や、オリガノ、中華料理店、
ハンコウ屋、おそばや、酒屋、荒物屋、駄菓子屋、
靴や、クリーニング屋、洋服や、ガソリンスタンド、
金魚の養殖屋、

人情があり優しくうまい店ばかりだったのに
全て移動か無くなってしまった。

商店街、街は生き物だ。

自然の生物がすんでいれば、自然がよみがえるが、
一度人間の手でコンクリートで舗装し、整備した場所は、
品川区は責任をもって整備して欲しいと思う。

私の母は高齢者だ。

品川区でいつも感じるのは、休憩する場所が一切ない。
増やしてほしいと思う。

濱野政権は大きなことばかりで小さなことには弱いようだ。
石原知事と似ている。

今年2010年の区長選の投票率が過去最低だった。
区民には、平和ボケせずに、きちんと区を考えて欲しいと言いたい。

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントは受け付けていません。