2006-2010日本代表について総括

標準
 アジア予選で、個人の能力とそれを組み合わせる方法を模索するも断念し、
選手のアドリブ能力を信用しないことに決め、コーチ陣が綿密に仕組んだ
台本通りの戦術で選手たちを押さえつけ、最低でも引き分けという勝ち点
を計算できる方法で臨んだが、相手が予想以上にミスをしたから戦術が
予想以上にハマリ、最低でも0-0で引き分けを狙っていたサッカーが、
堅守で数点取り勝利するサッカーに変貌し、結果オーライになった。

 選手個人の得点に、コーチ陣の力による得点が加算されていたらと思うと、
守ってミスを突くリスクゼロの戦いで、最低限の結果しか出すことが
できなかった今回は非常に残念でならない。

 相手のミスや状態次第で結果が変わる戦術ではなくて、どんな相手
でも自分たちの方法で戦えば勝てる、負けても納得できるような
戦術を構築していくことを切に望みます。

onionixp について

おやじの呑み屋でのぐだぐだ話です。プロバイダーがdionで、 2chで締め出しを半永久的にくらうようになったのをきっかけに うっぷんが溜まってきて始めたのがきっかけのブログです。 個人的な連絡はこちらまで siliconandowarai@gmail.com コンテンツに対する各種報告や意見はご遠慮下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中