ある日テレのお笑いネタ番組が一本の陰毛が混入して台無しに。。

標準

08月27日(土)13:30~15:30
UWASAのネタ 人気芸人20組爆笑ネタ連発!水卜アナが渡辺直美と人生初コント!

番組内容

MCのDAIGOも大爆笑!オードリー・バカリ・ナイツ・ハリセン・柳原・ハライチ…人気芸人が噂のネタ解禁!水卜×渡辺直美、NEWS手越×トレンディ斎藤のコラボも!
詳細

番組MCのDAIGOも爆笑!人気芸人20組が普段のイメージを覆す噂の爆笑ネタ解禁
▽オードリーのテレビ初!噂の時事ネタ
▽ハライチの一切ボケない漫才
▽ナイツが豪語する「最強の漫才」
▽ハリセンボンはるか初の1人ネタ
▽バカリズムの(秘)群馬県民ネタ
▽柳原可奈子の最新ウザキャラ
▽水卜麻美は渡辺直美と人生初コントに挑戦
▽トレンディエンジェル斎藤のネタにNEWS手越も乱入?
▽あの笑点メンバーも人気芸人と爆笑コラボ!

これですね、99パーセントの笑いを残りの1パーセントの
ちんかすが台無しにするから録画を断念しました。

それは手越の金髪ですね。

どんなに面白い芸人が出演していても、手越の金髪が全て
それを怒りに変換させてしまい台無しにしてしまうんですよね。

ちなみに手越が優遇されてるバラエティ番組は日テレのイッテQのスタッフ
関連の番組のみですよね。

私はイッテQは下世話で笑いの質が大嫌いなのでまあ
観るなと警告しているようなもんなんで
逆にありがとうございますって感じですねwwwww

芸人キャノンボールの元ネタはアダルトビデオから来ている。

標準

芸人キャノンボールのスタッフロールにカンパニー松尾とある。

AV業界では素人ものAV作品の幅を広げたカリスマ的監督だが、
ご存じない方の方が多いはず。

実はこのキャノンボールシリーズはカンパニー松尾監督が
切り開いたテンプレ企画で、

テレクラキャノンボール

http://member2.pornograph.tv/teigaku/item.php?ID=361t_uracannon

最後の番組タイトルにサブタイトルとして

(テレビ版)芸人キャノンボール

とあるのはこの元ネタの劇場版からきていることがわかります。

テレクラキャノンボール2

まあ有名な話ですが、テリー伊藤のIVSにいた高橋がなり氏がSODソフトオンデマンドを立ち上げたことは有名で、深夜番組のエロ企画も高視聴率だし、古くは黒木香、飯島愛、ギルガメッシュ、恵比寿マスカッツもそうだし、って感じでお笑いとアダルトビデオは切っても切れない間柄なんですよね。

芸人キャノンボール第一階

さすが視点が広い柔らかい藤井健太郎って感じの芸人キャノンボールです。

 

しかし小池里菜の髪型が即座に宮脇咲良って分かる自分てどうなんだっていうw

標準

KAWD-739 HD 制服美少女とおじちゃん10人 顔射ドクドク大乱交 小池里菜

KAWD-739

宮脇咲良google

まあ確信犯ですけど咲良に似せるよりもっと小池さんに似合った髪型にする方向に持っていく方がプラスだと思いますよね。。

クイズタレント名鑑改め、クイズスター名鑑、2016年10月よりレギュラー放送再開!!

標準

藤井健太郎という変態ディレクターが生み出した2012年3月で終了したクイズタレント名鑑という頭の悪いテレビ番組が、テベコンヒーロ、クイズあるあるJAPAN、正解は一年後、と
ひつこく食い下がっていたところ、苦節4年7か月の月日を経て遂に再稼働が決定。

TBSの日曜20時は死に枠で、タレント名鑑が終了後、貴明たけしでも玉砕、
私自身最近はなにをやってるかもわからないような枠です。

そこで再挑戦するため再び藤井さんにチャンスが巡って来たっていう感じですね。

藤井健太郎の粘り勝ちといったところですねw

クイズスター名鑑放送開始

今回は有吉AKB、あらびき団、といったバラエティ番組が終了後、
水曜日のダウンタウンが好評放送中の時期なので、
TBSは簡単には終了しないような気がしますが、
まあでもいつ終了するかわからないと保険をかけて
全てを録画保存しようと思っています。

センスがぶっとびすぎていて放送当時に面白さがわからなく
ても経験を重ねると面白くなる可能性もあるので、
とりあえず全て保存しようと思います。

公式ページ

クイズスター名鑑

予約ボタン付きww

ボタンをクリックすると、、

予約ボタン

ちなみにロゴの下にQUIZ OF THE DEADとありますが、
どういう意味なんでしょうかね。本放送を待ちたいと思います。

しかし一点の曇りもないこのオリジナル版から引き続き同じスタッフィング。
こういう細かいところから藤井さんの人間性がうかがい知れますよね。

この常駐、派遣といった非人間扱いの労働条件が幅を利かせている
時代に、番組終了時の打ち上げの時に再びやる時は同じスタッフで
という全く責任感が無いお決まりの定型句を定型句と捉えるどこにでも
いる奴と思われたくないから、
そうじゃないということを形で示して相手との信頼関係を
きちんと深めていく藤井さんだからこそ、真逆の中途半端でなく
究極にくだらないことができるんだよなって思います。

ライガーさん、あかつさん、ボビーさん、みなさんまだ出てきますよね。

桝田アナもこの番組だから出てくるんですよね。
まあテレ東の松丸アナと佐久間プロデューサーの関係と同じ匂いがしますw

藤井さんががんばっているんだから、絶対FUJIWARA、有吉、おぎやはぎ、
ロンドンブーツは事件とかおこしてお蔵入りにさせるようなことを
しないで下さいね。
お願いしますよ。。

クイズスター名鑑twitter

指原「欅坂46 のサイレントマジョリティーは歌いたくない」だと?

標準

乃木坂46グループもAKB48グループも、

ついでに指原自体も目くそ鼻くそなんだからw

 

どーでもえーわ、、、、

本当にどーでもえーw。。。

 

なんでコンサートの観客動員数が激減してるのかわかってるのかお前?

 

染髪してケツ出して秋元紅の豚康の犬になってお山の大将きどってる暇があったらいい加減昨今の糞曲だらけのお前ら全体の楽曲センスを向上させろ、馬鹿wwwww

HKT48 2016春ツアーサシコドソレイユ コアヲタ用解説

標準

商品仕様:Blu-ray6枚組
・Disc1 2016.2.24 国立代々木競技場 第一体育館
・Disc2 2016.3.30 マリンメッセ福岡
・Disc3 2016.2.6 日本ガイシホール[昼公演]会場ビジョン出し映像
・Disc4 2016.3.20 ワールド記念ホール[昼公演]会場ビジョン出し映像
・Disc5 特典映像:寸劇「志恵唐鹿女子商業」完全版(2016.2.6 日本ガイシホール / 2016.2.23-24 国立代々木競技場 第一体育館 / 2016.3.20 ワールド記念ホール / 2016.3.29-30 マリンメッセ福岡)
・Disc6 Making of HKT48 春のライブツアー~サシコ・ド・ソレイユ2016~

楽曲部分の構成的にはAパターンとBパターンを使いまわしでした。

セトリについてはHKTのシングル曲をメインに、他グループの曲をはるっぴ
や咲良、他のメンバーと話し合って決めたような感じの内容でした。

マニアックなところは本体のAKBでもやらない曲を入れてくる
感じでそれがより増えています。

構成的にも中盤にコント、そしてメドレーになだれこみ、終了といつもと同じでしたね。

で合間のコントやトークライブ

の充実ぶりは相変わらずで、
こちらはお笑い志向のメンバーが企画構成のアイデアを
出してつくっているのが話を聴いていて伝わってきて
あったかくなりました。

ヤンキーネタのコントは新章に突入していましたが
基本は同じでしたねw

でblu-rayでは全回分のコント部分が収録された
Discが付いているんですが、それだけHKTが
この部分に力を入れているんだということを
再確認させていただいて安心しました。

コントを全8回分観てやはり8回いろいろ違いがあるのが
面白かったです。福岡より東京の方が盛り上がっていたのがw

まず神戸で2回やったんですが、まだ最初の咲良とはるっぴ
の喧嘩部分の指原氏の対応が台本通りでした。

これを観て次の東京代々木を見ると、マイナーチェンジ
して指原氏が台本を自分なりに現場の状況に合わせて
対応を変化させてきました。

まあ指原氏は決まったことや、同じことを繰り返しやることが苦手ですからw
この流れは分かる気がしますし、私もその考え方をするから
こそ指原氏を推しているわけだからねw

初回の神戸はHKTの作った台本通りのコントを
体験できたってことで、あまり笑いもなく
HKTの想像通りのものだったんじゃないかと思います。

その流れで次の東京を観ると、驚きました。
その導入の喧嘩部分で指原氏が最初から2人の
横にいて、台本にないアドリブを追加して
会場が大盛り上がりしていたんですよ。

しかもそのネタがAKBローカルなネタが多く、
客を信じてどんどんぶっこんできて、
その信頼に客が応えて大きな笑いとして
その都度返されていくわけです。

ここでなぜか考えたんですが、
東京の次の名古屋と福岡はそうでもなかった
んで、HKTの代々木単独というのは初挑戦の
大会場でだから当然マスコミとかVIPとかが多く来ているし、
ワイドショーとかに取り上げられるし、
ここで評価されてしまうところもあり、
ラジオの聴取率週間のような感じで
試金石になっているので全力で
笑いをとりにきたんだと思いますね。

でここで面白いことに気付いたんですが、
福岡より東京の方が客のレスポンスが
熱かったことです。

その理由を考えると、まあAKBは秋葉原で誕生しました
ので当然東京の人が一番AKB歴が長い訳です。
軽く10年のキャリアがある人がいます。

福岡や神戸や名古屋は所詮まだ数年ですよ。

だから当然AKBの現場でのコールや対応、レスポンス
は星の数ほどこなしてきている人が多い訳です。

それがお約束通りの楽曲用ならだれでもできるんですが、
コントのようなほとんどアドリブで対応しないと
いけない状況ではその差が歴然となるわけですよね。。

でHKTは人見知り集団で客のレスを結構気にするので、
その客が自分たちを受け入れてくれていると感じると、
調子に乗っていくわけです。

だから今回は相乗効果でその頂点が代々木に
なってしまったんだと思いますよね。

今回はVTRネタが無くなって、田中菜津美と指原の
トークをラストの前の一番客が疲れているところに
もってきて、
もう少し早い時間帯の出し物はHKTバラエティー48の
レギュラー陣が大活躍で

160724 HKTバラエティー48

自作感満載の企画で
劇場公演とかバラエティー48の雰囲気が感じられて
誰も手を加えていない感じでお笑いメンバーヲタ
にとっては充実した内容でした。

出演者について

出演者は日にちによって村重が出たり出なかったり
してます。

前記のお笑いコーナーについてもその影響が
多大に影響していて、
村重が出ているときと出ていないときの盛り上がりの差が
ありすぎて、以前は明太子だけだったんですが、
最近は村重がいるいないで盛り上がりが全然違う
のですごい実力つけてきたなって肌で感じました。

ちなみに今回一度もめんたいこはやりませんでした。
まあトークが面白いから誰も必要としなくなった
というのが真実だと思いますね。

ネタかどうかわかりませんが、、
話の中で、NMBで1年滑り続けたからHKTに復帰
したといじられていましたが、
それももしかしたらお笑いのパワーにつながっている
のかも知れませんね。

あと今は指原氏が中心なので、指原に合うか合わないか
で、村重や田中菜津美が盛り上がってますが、
もし指原氏が辞めて中心が変わった場合は
それが大きく変わりそうなのが怖くもあり
楽しみでもあります。

今のままかも知れないし、今埋もれている逸材が
頭角を現してくるかもしれないし。

物事には陰と陽があります。

モーニング娘。の道重さんを考えるとわかりますが、

現在の指原氏に集中している光が、いなくなると
分散されるので、もしそれが楽しみになるくらいに
後輩の力が伸びてきたと感じた時、
指原氏は卒業するんだと思いますが、、

今回の公演を観ていても頻繁に指原氏が
未だに助け舟を出しているので、そこまでの
信頼感をまだ後輩に対して感じてない気がするので、

ちょりと谷をHKTに戻す条件が整い、完全なHKTが
復活した時、指原氏は卒業するような気がしています。

 

気になったメンバーのコメント

指原氏が最終の福岡公演冒頭で、客がたくさん入っていて
安心したと言って笑ったんですが、
まあ現場報告でも空席祭りな情報は上がっていたんですが、
それを公式に認めたような形になってしまった感じですね。

あとは、楽屋で田中と指原は一切しゃべらない状態で
トークライブやっていると暴露していました。

あとはバラエティー48出身メンバーで言うと、冨吉と植木と村重と
秋吉ちゃんはお笑いの部分でのメインキャラクターに
成長していてホッとした半面、
駒田ぴーちゃんがいまいち出てこないのが気になりましたね。
ぴーちゃんは潜在能力半端ないと思うのでぜひ
上記の輪の中に加えて行って欲しいと思います。

最後に、HKTのライブは九州で是非体験したいと思いましたね。

劇場でもコンサートでもいいので九州、可能なら福岡じゃないと
額面どおりのHKTは体験できないんだなって感じましたね。

といった感じです。

でも私は楽曲が自分の好みじゃないので今はコンサートは行きたくありませんけど。
今の私は後日DVDを買って楽曲以外の企画コーナーだけ全部観るほうが
充実しますからね。

村重「村重が辞めたら咲良も辞めるは止めてくれ!」

標準

同時に卒業したら村重が霞んじゃうし、

「村重のせいで咲良がやめちゃったじゃねーかよ!」
って炎上しちゃうから止めてくれ

って、

確かに村重の言う通りですねw

~サシコドソレイユ 2016.3.20 ワールド記念ホール[昼公演]より~

ピエールアンリの自分で取得したPKの時の格言が秀逸だった。

標準

自分が取得したPKの時は、

興奮状態で冷静には蹴れないから他人に任せていた。

PKを得た選手が自分で蹴ると失敗確率が高い気がしていたので
なぜかなあと思っていたんですが、先日の16-17プレミア2戦目
のアーセナル対リバプール
の時にウオルコット選手が自分で蹴って見事に100%読まれて
完璧に跳ね返されたシーンの後解説の人がコメントしていた
ことになるほどって思ったんでご紹介したくなりました。

これ観てる方からしたらそいつに蹴らせればと軽い気持ちで思うんですが、
よく考えるとアンリ選手の考え方の方が納得できますね。

2016.08.05発売 nanoRider「翼哭き少年」解説と見解

標準

アーチスト名:nanoRider
タイトル:翼哭き少年
発売日:2016年8月5日発売
型番:MMR-0055
発売元:MAD MAGAZINE RECORDS(以下MMRで表記)

キングと違い、自由が無く人使いが荒いビクターから離れて、
自身のメーカーから発売されることになって嬉しくなりました。

ビクターに私の好きなアーチストが一人もいない
ので、まあそんなところからビクターが現在どんなメーカーなのか
わかりますw

あと今回から山下智輝さんが音楽のプロデューサーと
マネージャーを兼任するようになったことが大きな変化
だと思います。

ちなみに演歌の売り出し中の人はそれが当たり前です。
歌手本人とプロデューサー兼マネージャーが1人同行して
営業まわりします。

次にスタッフを見て行きます。

1.翼哭き少年
作詞、作曲、編曲、山下智輝

これは今までのnanoCUNEのビート系の系譜を引き継ぎつつ、
上物が軽くバービーボーイズとかの夜の雰囲気を感じさせる
次第に年齢を重ねてきたnanoRiderじゃないと歌いこなせない
気がする楽曲になっています。

バックがパッド系じゃなく全面ギターノイズで埋めている
のは新しいですね。NARASAKIさんが好きそうな音ですw

コード進行も少なくてこれまでより歌唱力に
依存を求める作品になっています。

でもNARASAKIさんは四つ打ち大嫌いなんだよなw

2.喪失リミット
作詞、山下智輝 作曲、平田優奈 編曲、command+s&山下智輝

こちらはアニメの曲ぽいです。中川翔子が得意そうw

いい意味でも悪い意味でもアイドル楽曲の正統進化系って感じですが、
安定しすぎていて面白くないしnanoRider以外でも出来る曲ですね。

3.魅惑の大三元
作詞、作曲、編曲、山下智輝

これはオアシス系のイントロから、いつもの空間を
いかしたnanoRiderの世界に突入していきます。

ただ、声と楽曲が分離し過ぎな気がします。

なんか倍音が足りなくて綺麗すぎる気がします。

ベースを歪ませるか他でノイズを補うように
したら、2人のクリーントーンが映えて
もっと厚みが出て良くなったんじゃないかと思います。

ちょっと音が綺麗すぎる。

4.コンセント
作詞、作曲、編曲、河内宏規
地元松山のMMR所属のSTRANGE FURCOATというバンドのリーダーの方です。

これの出だしを身体にしみ込ませると同時に、
自然にUKのライブハウスの映像が脳裏を
よぎりました。

ひねりすぎているアイドルの楽曲が飽和状態に達している
現況を逆手にとるかのような、
ドストレートな本物のUKロックです。

今回の目玉は私はこちらだと思いました。

いやいや、やはり私のセンスに狂いは無かったです。

ミッシェルガンエレファントですよ。アイドルにまさかの。。

でもミッシェルもパブロック、
パブで踊り狂うためのロックだと言っていたので、
まあ最近のnanoRiderもヲタ芸をも忘れんばかりに踊り狂って
楽しむ現場に成長しているので、そんな人たちにとっては
ほんとにぴったりな楽曲なんじゃないかと思いますね。

ももクロが最近打ちこみ系の楽曲の低レベルな生バンド化で
失態をひけらかしているのですが、
これは真逆で生のほうが映える楽曲ですね。

ていうか、今回は全体的に打ちこみが減っている印象です。
アイデアより現場のダイナミズムを求めたようなものを感じました。

ひとつ気になったところとしてはベースが大人しすぎるところですね。
もっとぐいぐい系でよかったんじゃないかと思います。

しっかし、これは驚きましたw

こういう方向性が残っていたんですね。

ミッシェルの系譜を受け継ぐのはThe Birthdayだけかと
思っていたらまさかのnanoRiderから。

というわけで、、

4曲、これまでの雰囲気を大事に、ボーカルの成長に合わせ、
極力エフェクトを排除してボーカルをあからさまに
前面に出し、自らの成長に期待した音作り。

メンバーもスタッフも挑戦を続けているということを今回の作品で感じましたので、
非常に今後が楽しみです。

マッドマガジンのスタッフもメンバーも、
自分たちのやりたいように出来る規模を守りつつ、
自分たち主体で活動していって欲しいと思います。