AKBINGO終了の理由はハロプロのハローモーニングと同じ。そして考えるHKTバラエティー48のバランスの良さ。

標準

歌番組での真面目なパフォーマンスを崩す企画で
壊れた部分を引き出せば視聴率が取れたわけですが、

その構造で重要なのは、
歌って踊る番組への出演数や楽曲の販売量
が多ければ多いほど、視聴率が上がるということ。

上記部分が好調でメンバー名が知れ渡っている
という下地が出来上がってないと、
いくら企画で壊しても視聴率は取れないという。

あのこがこんなことをっていう人が多いほど
視聴率が取れる。

出演者がどこの馬の骨かがわからないと、
どんなことやっても何も生まれない。。

例えば、舞台やテレビでのパフォーマンスが
レベル100だとして、
バラエティ要素が100だとした場合、
ー100から+100なので200になるが、
前出のレベル100がない現在の状態場合は、
+100にしかならないので、
普通の素人と同じになってしまう。

これだとAKBである意味がなくなってしまう。

素人で置き換えれる状態になってしまう。

ハロプロの伝説のバラエティ番組、ハローモーニングも、
主要メンバーの脱退ペースが早くなるにつれて
番組でキャラクターを成長させるスピードが
メンバーの入れ替わりペースに間に合わなくなり、
終了していきました。

楽曲の振り入れは数か月みっちりやれば
覚えられるが、
バラエティでキャラクターを成熟させるには
数か月や数年かかるので、
そりゃあ次々メンバーが辞めていったら
つまんなくなりますよね。

先ほど、+200にならないとと言う話を
しましたが、
これはゆきりんさんとかのベテランも同じです。

楽曲が売れて歌手AKBとしての露出-100が基本に
ないと、200にならないわけですからベテランが
出ても同じです。

こう考えるとですね、、、

HKTバラエティー48の月1という放送ペースは
長く続けるという意味では賢い選択だったのかも
知れませんね。

club345のwebストアーの進捗状況にワクワクする毎日w

標準

今日はこんな感じでした。
club345store

もうグッズ本体も完成してるんでしょうかね?

単なるロゴのプリントしただけだったら買いませんが、
それは指原氏も承知してると思います。

指原氏のこれまでの趣向から推察すると、
手書きの文字をプリントしたもの
が用意されている気がします。

道重一筋みたいなね。

道重一筋

私も大好きなんでぎゃくにやられたら
買っちゃうのでやって欲しくないですwww

IZ*ONE宮脇咲良の優しさは、韓国の人にとっては逆効果なんじゃないか。

標準

IZ*ONEは韓国における人気を重視して活動しています。

宮脇さんは、韓国のアイドルは金髪が求められている
と考えて、自分を捨てて韓国の人に
認めて欲しくて金髪にして活動しています。

しかし、この考え方は本当に合っているんでしょうか?

私は間違っていると思います。

新日本プロレスが最近世界規模で人気を得ています。

頻繁に海外で興行を行っているのですが、
その時、現場の方々から求められるのは、
日本で行ってるものをそのまま持ってきてほしいという意見。

開催地向けにローカライズしないで欲しいということ。

これは宮脇さんにもあてはまると思います。

IZ*ONEの韓国籍のメンバーは問題ないんですが、
宮脇さんはHKTやAKBでのやりかたをそのまま
IZ*ONE経由で韓国に持ってきてこそ、価値がある
んじゃないかと思うんですよね。

宮脇さんはそこを勘違いして、気を使い過ぎて
逆効果になっている気がします。

beyooooondsに嗣永桃子の遺伝子みっけ!

標準

高瀬くるみ

これですね、、

私の推しの清野桃々姫はももち推しはガチで、
その上であえてふつうでつまらないってことで
最近は名前を上げずに次点の鞘師推し宣言
してるので、最近言わないからと言って
心配しないように。

高瀬くるみさんのももち推しは知らなかったし気づかなかった
んでちょっと気にしてみようと思います。

少しづつ指原氏のイメージに向けて構築作業を行っているようです。2019.08.17時点のclub345の状況

標準

指原氏が最近、club345のサービスを
そろそろいろいろ充実させていきたいともらしていた通り、
ストアーの構築も少しずつ進行しているようですね。

club345store20190817

これ以前は左のメニューも最下部の様々なストアーサイトのテンプレート
もなかった気がします。
会報も発行したいと言っていたので、
どんな会報になるのか楽しみですね。

でも、バスツアー、トークライブ、会報ってことで、
スタダ、さらにはAKBGよりも、ハロプロのFCに完成イメージが近い
んじゃないかという気がします。

久しぶりにマセキからセンスの新しい人たちが出てきました。

標準

フェーっていう2人組なんですが、
なんだろう、

インパルスの初期のネタに似てる感じですね。

セコイ犯罪で捕まってカッコつけている容疑者ネタ。

インパルスの場合は無銭乗車で捕まって
サイコ野郎になってましたが、
フェーの場合はリコーダーをなめて捕まって
不良系になっています。

ただインパルスと違うのは、
ボケの方が演じていて、逆に
突っ込みの方がフリーっぽい
状況説明突っ込みで
笑いの起点になっているところ。

インパルスは普通に堤下さんが演じて、
板倉さんのボケとの落差で笑わす感じですからね。

これから気にしてみたいと思います。
他も面白かったら単独行きたいです。

他のネタも観たらやっぱりインパルスに似ていた
のは偶然で、なんか笑いのセンスは似ているけど、
見せる方法は違う感じだったので安心しました。

この突っ込みの人のうるさいむかつく感じwから、
少しバカリズムさんも入ってるかなっていう気もしました。

指原氏、club345で衝撃の告白。「歌番組でのトークとパフォーマンスはストレスしかなかった。」

標準

UTAGEで初回からレギュラーで現在まで番組の人気を
得るため多大な貢献をしてきた指原氏ですが、

なんと、ストレスしか感じなかったという告白があり、
驚きました。

私にとってUTAGEはまず、大木真太郎‎プロデューサー、
中居、渡辺、舞祭組、ハロプロOB、ケミストリー、
なんですが、その一角の指原氏の口からそのような
コメントが出るのが以外でした。

保田圭さんと一緒になるときは優しくしてくれて、
AKBであるにも関わらず仲良く壁を取っ払って
共演して下さってと、歓喜の言葉ばかり
聴いていたので、喜んで楽しんで出演
しているとばかり思ってました。。

しかし、世の中、仕事をしていくと
経験と共に求められるものは
増えていくわけで、

他の共演者とのトークとか求められて
いくにつれてストレスを感じるようになっていった
みたいですね。

他の歌番組でも同様のことを感じていたと
言っているので、どうやらほんとに
歌って踊るパフォーマンスが苦手だった
みたいですw

でもアイドルしか道がないってことで、
私が考えるに、指原氏の理想のアイドルは
今の歌って踊らないアイドルであり、
AKBでやっていた歌って踊るアイドルは
現在に行きつくまでしかたなく
やっていた仕事だったということですね。

でもそれを正直に言ってしまうところが
いかにも指原氏であると思います。

ちなみに私は最初指原氏を深夜のバラエティ番組で
衝撃的な出会いをしてからのファンなので、今の方が理想です。

指原氏が購入を検討していた「やきまる」を実際に使用して判明した問題点。

標準

http://www.i-cg.jp/product/grill/cb-slg-1_2/

一応この説明通りなんですが、
メーカーが書きまくっている利点と同じくらい
隠している問題点もありましたww

まず、煙は下に落ちた油は抑えられてますが、
鉄板や具材からダイレクトに跳ねる油は
抑えることができません。

専門店の煙を全て吸い上げる装置なら
具材の上下や鉄板にかかわらず全ての
煙と油跳ねを吸い上げてくれるんですが、

このやきまるは鉄板の高温化
に伴って増える煙を抑えるための温度の調整と
具材の下から鉄板の下を伝って落ちる油から出る
煙のみ抑えるシステムなので、

鉄板と具材の上部から跳ねる油は制御不可能です。

そのため、使用後はやきまる本体の上部がまんべんなく
跳ねた油まみれになりますし、
周辺1m程度も油でつるつるになります。

まあといってもクッキングペーパー2枚程度と洗剤で
拭き取れる感じなのでそんなに神経質に
なることもないと思いますが。

ですから使用後に鉄板を開けて
水溜まり部分を確認してもそれほど
油も落ちてなかったです。

煙より油跳ねを我慢して鉄板にするのか、
油跳ねより煙を我慢して網にするのか。

二つに一つですねw

最後に鉄板に油を塗ると跳ね返る量が
増えるのであまり塗らないように
逆に油は拭き取るようにしたほうが気持ちよく
楽しめると思います。

指原氏の理想のアイドル環境について発言がありました。

標準

ファンクラブ向けのメールにて、

あまりファンとコミュニティの大きさを
これ以上拡大したいという欲望はなく、
今のファンを大事にしたいと思っていると
言ってました。

より私が惹かれるきっかけとなる発言となりました。

プロレスのユニットに所属する時は会社と相談して決めます。

標準

それを証明する出来事があります。

IWGPの初期に猪木が優勝後長州が
リング上に上がってきて藤波と前田に
向かって投げかけた。

「お前らこれでいいのか。
これからは俺らの世代が新日本を
引っ張っていかないといけないんじゃないのか?」

この直後、新日は世代闘争の流れに
なり、猪木軍と長州軍に別れたのですが、
その時、猪木軍になぜか前田と同じ世代の
藤原喜明さんが入ってしまいましたw

これは会社というか猪木さんが
ルックスから判断して抽出した
んでしょうね。

もし純粋に選手が自主的に決めていた
としたら絶対ありえないことです。

ここから、まあ最近の新日の
KENTAさんの柴田さんに対する
裏切りなんかも
同様のことが考えられると思いますね。

まあKENTAさんについてはですね、
同じ小橋の遺伝子を継ぐ選手として
潮崎とKENTAという2人がいるけど
潮崎は本体でベビーフェイス、
KENTAは高山系の反体制軍
でノアでもやってたので、

もともとは反体制軍だった訳なので、
私からしたら柴田と仲良く登場した
初回が気持ち悪くて仕方なかったですねw
最後まで裏切りそうでビクビクして
観ましたよ。

てわけなので、最初から仕組まれてたという
見解が妥当だと思います。